新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧シトロエン C4【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

シトロエン C4【ニューモデル試乗】 / navi

(2011/08/03)

久しぶりに登場した小さな高級車

  • シトロエン C4 走り|ニューモデル試乗
  • シトロエン C4 シフト|ニューモデル試乗
↑上級仕様エクスクルーシブに搭載される6速EGSのATセレクターはコンパクトかつお洒落にまとめられた。電気式サイドブレーキ、ステアリングにはシフトパドルも装備
シャープなヘッドライトに挟まれたクロームのダブルシェブロンデザインが特徴的な新型C4のフロントビュー。わずか4.3mの全長にもかかわらず前後に貫かれたキャラクターラインがボディ全体を伸びやかに見せている。

インテリアはラマと呼ばれる明るいオフホワイトが標準。しかも上級グレードには屋根全体がガ ラス製のパノラミックガラスルーフが装着されており、実際のパッケージ以上の開放感を味わうことができる。ダッシュボードには新素材スラッシュスキンを採用するなど質感に対するこだわりも高く、またメーター照明のカラーリングやウォーニング音が選択できるという遊び心も忘れていない。

パワーユニットは1.6LのNA120psとターボ156psの2種類。それぞれに4速ATと6速エレクトロニック・ギアボックス・システムが組み合わされる。
  • シトロエン C4 エンジン|ニューモデル試乗
  • シトロエン C4 リア|ニューモデル試乗
↑直噴ツインスクロールターボ&可変バルブタイミング機構を装備した1.6ℓ直4ターボは156ps&24.5㎏-mを発揮。トランスミッションはC4ピカソ譲りのシングルクラッチ式の6速EGS。さらにインテリジェントトラクションコントロールが組み合わされる(左) 写真は廉価グレードのセダクション。ミシュラン製省燃費タイプの「エナジーセイバー」205/55R16を装着(右)

車としての完成度が格段に良くなった

新型C4は細部にわたって適切な改善が施されており、いわゆる「通好み」の車に仕上がっている。セグメントはコンパクトながら全幅は1790mmというグッと踏ん張ったプロポーションで、ルックスとしての安定感はもちろん、室内の確実な広さが確保されている。

大きなアピールポイントであるパノラミックルーフは使い方次第で何通りものバリエーションを演出してくれるが、それを支えているのがインテリアすべてのクオリティの高さ。操作レバーやスイッチ類ほか、あらゆる素材のタッチフィールが気持よく、また作り込みの精緻さも大幅に向上しているので満足度も高い。

NAのセダクションとターボのエクスクルーシブでは走りは別物。もちろん走りのシャープさではターボ+電子制御6速が上回るが、それも好みの問題。4ATで穏やかに走るのも悪くない。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード エクスクルーシブ
全長×全幅×全高(mm) 4330×1790×1490
車両重量(kg)1370
エンジン種類直列4気筒 DOHCターボ
総排気量(cc)1598
最高出力[ps/rpm]156/6000
最大トルク[kg-m/rpm]24.5/1400~3500
Tester/堀江史朗 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027