新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧プジョー 508セダン/508SW【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

プジョー 508セダン/508SW【ニューモデル試乗】 / navi

(2011/08/05)

ボディは大きくなっても車重は大幅に軽く

  • プジョー 508 走り|ニューモデル試乗
  • プジョー 508 インパネ|ニューモデル試乗
↑質感が大幅に向上されたインパネ回り。上級仕様のグリフには速度などの情報を表示するヘッドアップディスプレイを採用。全車にパドルシフトやパナソニック製HDDナビを標準装備する
プジョーブランドの最上級グレードとなるプジョー508の発売が開始された。まずデザインにおいてはコンセプトカー「SR1」を原点とする塊(かたまり)感を強調。全長約4.8mの大きなボディにもかかわらず、エンジンは1.6L直列4気筒ターボのみ。最高出力は156psと控えめだが、軽量ボディのおかげで軽快な走りが楽しめる仕様。グレードはベーシックなアリュールとハイグレードなグリフの2つ。価格は374万円から。

張りのある面構成と絞り込まれたエッジ。そして小さなグリルが浮かび上がって見えるフローティンググリルの採用など、プジョー量販車としてまったく新しい方向性を提示している。またフラッグシップにふさわしく、内外装のすべての面において品質と装備を向上させた。室内パッケージは十分な広さを確保。同時に静粛性にも大いに気を配られている。
  • プジョー 508 エンジン|ニューモデル試乗
  • プジョー 508SW |ニューモデル試乗
↑旧型407のV6ガソリン/ディーゼルに代えて、3008やRCZにも搭載される1.6Lターボ&アイシン製6速ATのダウンサイズユニットに一本化(左) 控えめでやや丸みを帯びた印象のフロントグリル、吊り目のヘッドライトはプジョーの新意匠。ボディサイズは旧型比で、全長+105mm、ホイールベース+90mm。トランク容量はSWで最大1598Lを誇る(右)

力強いエクステリアに気持ちよい走り

プジョーのニューモデルをテストするときに最も興味があるのが、「猫足」と評される足回りの成熟具合。この点において508は期待値を超える仕上がりを示してくれた。フロントサスペンションを新たにマクファーソンストラット式に変更した508は、どんな路面でもしなやかなフィールを保ち、乗り心地の良さはバツグンだ。

小排気量ながら軽量ボディゆえパワーフィールは十二分。セダンの10・15モード燃費は11km/Lだが、実燃費としてこのデータを下回ることはまずない。ワゴンでさえ車重増はわずか40kg。

走りの差はほぼゼロである。グリフとアリュールの装備の違いは本革シートやヘッドアップディスプレイ、キセノンヘッドランプなど少なくはないが、逆にナビシステムが全車標準になるなど買い得感は大きい。細部の質感も飛躍的に向上しておりオススメできる。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード グリフ
全長×全幅×全高(mm) 4790×1855×1455
車両重量(kg)1520
エンジン種類直列4気筒 DOHCターボ
総排気量(cc)1598
最高出力[ps/rpm]156/6000
最大トルク[kg-m/rpm]24.5/1400~3500
車両本体価格414万円
Tester/堀江史朗 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
満を持してトヨタ スープラが復活!! 抜群の走行安定性と乗り心地に魅了される(2019/01/15)
8ATとなったプジョー 3008 GT BlueHDiは、ディーゼルSUV市場の隠れた優等生だ(2019/01/06)
本当にディーゼルなのか疑いたくなる、メルセデス・ベンツ S 400d(2018/12/09)
パワー的に十分なFFモデルか+αの走行性能を有したAWD。どちらも捨てがたいXC40(2018/12/05)
ノスタルジーに浸ってしまった、中古のジープ チェロキー試乗(2018/12/04)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027