新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ C63 AMG クーペ【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ C63 AMG クーペ【ニューモデル試乗】 / navi

(2011/08/17)

V8NA+7MCTは歴史的パワートレイン

  • メルセデス・ベンツ C63 AMG クーペ 走り|ニューモデル試乗
  • メルセデス・ベンツ C63 AMG クーペ インパネ|ニューモデル試乗
↑Cクラスクーペに準じたインパネ回りには専用設計のパフォーマンスステアリングやスポーツシートを採用。速度計は320km/hまで表示されるほか、タイマー機能が作動してラップタイムを計測できるレースモードも与えられた
Cクラスベースのクーペ、というとハッチバックを思い出す方もおられるはず。アレはキレイさっぱり忘れていただきたい。新型は正真正銘のノッチバック。それも骨太なBピラーのあるタイプだから、Eクラスクーペには設定のないAMGモデルも用意された。

基本的にはマイチェン後のセダン&ワゴンのC63と同じメカニズムを積む。珠玉の6.2L V8自然吸気エンジンに、SL63などと同じAMGスピードシフトMCTの7速ミッションを組み合わせた。SLSを除けば今、メルセデスで最もホットでスポーティ、マニアックなパワートレインで、それゆえ将来、エンスー車の対象となることが今から約束されているようなものだ。

Cクーペそのものが、もっと若い世代にアピールしたい、という趣旨で誕生した。そのフラッグシップゆえ、今までになく健康的な印象の強いAMGである。
  • メルセデス・ベンツ C63 AMG クーペ エンジン|ニューモデル試乗
  • メルセデス・ベンツ C63 AMG クーペ リアスタイル|ニューモデル試乗
↑457ps/61.2kg-m、0→100km/h加速4.3秒を発揮する6.2L V8NA、通称M156ユニットは2006年にAMGが独自開発したもの (左)大きく口が開いた黒塗りのエアインテーク、トランクリッドにはカーボンリップスポイラーを装着。LEDデイタイムランニングライトもAMG専用デザインとなる(右)

いつでもどこでも、お尻フリフリ

相変わらず迫力と軽快を見事に掛け合わせたパワートレインだった。MCTの変速は、必要なときに必要なだけ速い、とても理性的にスポーティなもので、メルセデスの性格によく似合っている。はやとちりナシ。変速の速さだけを求める時代は、とうに終わったのだ。

心地よい引っ掛かりとか、気持ちよいショックもまた大事な要素。デュアルクラッチタイプにはない魅力だと思う。クーペのC63は、お尻が軽いにもかかわらず後ろ足に大きなパワーを溜め込んでいる。だからサーキットで走らせると、ほとんどすべてのコーナーで尻と腰がムズムズし、ちょっとしたアクセルペダルの加減で、びゃーっとケツが滑り出す。

それが愉快でたまらない。電子制御(3ステージESP)もなかなかよくできていて、程よいタイミングでお仕置きが入るけれども、楽しむ時間はたっぷりとあった。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード C63 AMG Coupe
全長×全幅×全高(mm) 4707×1795×1391
車両重量(kg)1730
エンジン種類V8 DOHC
総排気量(cc)6200
最高出力[ps/rpm]457/6800
最大トルク[kg-m/rpm]61.2/5000
Tester/西川淳 Photo/メルセデス・ベンツ日本
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027