新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ポルシェ パナメーラS ハイブリッド【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

ポルシェ パナメーラS ハイブリッド【ニューモデル試乗】 / navi

(2011/08/19)

ハイブリッドはカイエン譲りも、FRがミソ

  • ポルシェ パナメーラSハイブリッド走り|ニューモデル試乗
  • ポルシェ パナメーラSハイブリッドインパネ|ニューモデル試乗
↑内装はほかのパナメーラと共通のデザインアイコンを踏襲。ナビやコマンドセンターの操作を行う7インチスクリーンやBOSEプレミアムオーディオを装備
ポルシェ史上で最も燃費に優れ、CO2排出量の少ないモデル…とパナメーラSハイブリッドは説明される。同社には比較的小型のスポーツカーもあるが、それらより優れた数値をこの高級サルーンが実現するのが驚き。

ハイブリッドシステムはすでに発売されているカイエンSハイブリッドと同じものを使う。つまりアウディ製の3ℓのV6スーパーチャージャー(333ps)とアイシン製8速ATの間にモーター(47ps)とクラッチを与えたものだ。違いはカイエンが4WDなのに対してこのモデルでは2WDのFRとなること。

またカイエンよりも約300kg軽量なため、燃費/CO2排出量ともに向上しており、燃費は14.7km/L、CO2排出量は159g/kmとコンパクトカー並みの実力となる。しかし0→100km/h加速は6.0秒、最高速270km/hと動力性能はまさに「ポルシェ」だ。
  • ポルシェ パナメーラSハイブリッド エンジン|ニューモデル試乗
  • ポルシェ パナメーラSハイブリッド リアスタイル|ニューモデル試乗
↑0→100km/h加速6秒、最高速270km/hを発揮する3LV6&モーターのハイブリッドユニットは、85km/h以下で最大約2kmのEV走行を可能とする(左) 電子制御ダンパーシステム“ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)”を標準装備。標準タイヤは18インチだが、オプションで転がり抵抗低減のために専用開発されたミシュランも選択できる(右)

ハイブリッドである前に、車として完璧

走らせて感心するのは、ハイブリッドか否かより車として優れていること。事実、教えられなければハイブリッドだと気付かない人がいそうなほど、走行感覚が自然だ。電気モーターのみで発進したり、アクセルを離すと走行中でも頻繁にエンジンをオフにする…そんな作動が知らぬうちに行われる。

このモデルがいかに静粛性が高く制御も滑らかかの証でもある。タイヤも専用開発のミシュラン製低転がりタイプだが、雨の峠を走ってもグリップが高く、言われないと低転がりと気付かない。いかにタイヤが仕事をしているか、それを実現するサスか、という証だ。結論としてこの車、まごうことなきポルシェの高級サルーン。

まずはそれを徹底して磨き上げた。その上でハイブリッドという価値がトッピングされる。これぞまさに今後の自動車としてのあるべき姿、である。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード パナメーラ S ハイブリッド
全長×全幅×全高(mm) 4970×1931×1418
車両重量(kg)1980
エンジン種類V6 DOHCスーパーチャージャー+モーター
総排気量(cc)3000
最高出力[ps/rpm]333+47/5500~6500
最大トルク[kg-m/rpm]44.9+30.6/3300~5250
Tester/河口学 Photo/ポルシェジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027