新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン ビートル 【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン ビートル 【ニューモデル試乗】 / navi

(2011/08/31)

3代目は“おとこ“を意識した3ドアスポーツに

  • フォルクスワーゲン ビートル 走り|ニューモデル試乗
  • フォルクスワーゲン ビートル サイドスタイル|ニューモデル試乗
押し出しの強くなった印象を受けるビートルは、現行ゴルフとプラットフォームを共有する3代目。先代に用いられていた“ニュービートル”の車名はこのモデルより“ビートル”と改められた。写真は200psの2Lターボ搭載モデルだが、日本には1.2LのTSIエンジンが導入予定
3代目になったビートルはパワーユニットのバリエーションが大幅に強化された。エンジンは1.2L、1.4L、2L、2.5Lのガソリン仕様と1.6Lと2Lのディーゼル。ミッションは6速MTと6/7DSGがモデルにより組み合わされている。

ボディは2代目よりも全長152mm、全幅84mm、全高12mm、ホイールベースも22mm大きくなった。その理由は狭かったリアシートやラゲージスペースを解消し、使い勝手を良くすること。3代目はファニーな車ではなく、実用性と走りを重視した車になったのだ。

リアサスもトーションビームのほかに4リンク式を新たに上級グレード用に設定した。室内は3色のアンビエントライトやアメリカ・フェンダー社製のオーディオも選べるようになった。すべてにグレードアップした3代目なのだ。
  • フォルクスワーゲン ビートル インパネ|ニューモデル試乗
  • フォルクスワーゲン ビートル ラゲージ|ニューモデル試乗
ピアノブラック調のパネルが奢られたインパネ回り。内装デザインは初代ビートルをモチーフに設計されたという。ステアリングホイールのデザインはニュービートル専用のものとなる。荷室容量は4名乗車時で310L、先代比で101L拡大された。最大で905Lまで拡大可能

ライバルはゴルフではなく、シロッコ?

3代目のスタイルはフロントこそ確かにビートルのイメージだが、張り出した前後のフェンダーや前傾姿勢にも見えるサイドビュー、ナツメ形のテールランプなど、2代目の面影はない。数少ないビートルらしさは、室内に入るとダッシュボード中央にある一輪挿しと、助手席前の垂直なグローブボックスのフタぐらい。すべてが新しく、実用性を重視している作りだ。

ベルリンで行われた試乗会で用意されていたのは、最強モデル「2.0 TSIスポーツ」。200馬力、6速DSGを搭載する。今回からビートルはベーシックなビートル、中間のデザイン、上級のスポーツの3グレードが設定された。最強モデルはリアサスが4リンク式。乗り心地は硬めでコーナーでの動きも2代目と比較すると、ロール、リアの安定感は確かにレベルアップしている。

スタイリング、性格などすべてが、スペシャリティカーに近い。3代目ビートルはシロッコと比較してもおかしくない車になったのだ。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード スポーツ
全長×全幅×全高(mm) 4278×1808×1486
車両重量(kg)1430
エンジン種類直列4気筒 DOHCターボ
総排気量(cc)2000
最高出力[ps/rpm]200/5100
最大トルク[Nm/rpm]28.5/1700-5000
Tester/石川真禧照 Photo/Vokswagen Groupe Japan KK
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027