新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ポルシェ パナメーラ ターボS 【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

ポルシェ パナメーラ ターボS 【ニューモデル試乗】 / navi

(2011/09/14)

2年分のテクノロジーの進化が注がれた

  • ポルシェ パナメーラ ターボS 走り|ニューモデル試乗
  • ポルシェ パナメーラ ターボSリアスタイル|ニューモデル試乗
フロントホイール後方にはカレラGTから継承されたサイドエアアウトレットデザインが与えられる。空力特性に優れたエクステリアはCd値0.32を実現。走行速度が90km/hに達すると自動的に上昇、センター部で左右に分割されて拡張するアダプティブスポイラーをリアに装着。標準のホイールサイズは18インチ、オプションで20インチまでが用意される
登場から早くも2年が経過したパナメーラの新たなトップグレードがターボSだ。4.8LのV型8気筒直噴ターボエンジンは、軽量なチタニウムアルミ合金製タービンホイールを用いた新型ターボチャージャーの採用で、最高出力を50ps増の550psに、最大トルクも50N・m増の750N・mに増強。

しかもスポーツクロノパッケージ・ターボで「SPORT」もしくは「SPORT PLUS」モードを選ぶかノーマルモードでキックダウンさせると、最大トルクを一時的に800N・mまで引き上げるのである。

増大した出力に合わせて可変スタビライザーのPDCC、トルクベクタリング効果をもたらすPTV Plus、20インチタイヤ&ホイールも標準装備に。専用サイドスカートやボディ同色スポイラー、専用のツートーンインテリアなども採用される。
  • ポルシェ パナメーラ ターボSエンジン|ニューモデル試乗
  • ポルシェ パナメーラ ターボSインパネ|ニューモデル試乗
ベースとなるのは最高出力500ps、最大トルク750N・mを発生する4.8LのV8のパナメーラターボ。ベースモデル比で最高出力を+50ps、最大トルクを50N・m向上。標準仕様はブラック&クリームのツートーンレザーのインテリア、写真はオプションとなる

圧倒的なパフォーマンス&バリューに納得

ターボだって凄まじく速いのに、その差が体感できるのかと言えば、答えはイエス。しかもハッキリとだ。全開加速の勢いは明らかに上で、アウトバーン上で思わずのけ反ってしまった。

実際、ローンチコントロール使用での0→100km/h加速は4.0秒から3.8秒に短縮され、911ターボの3.7秒に肉薄。この体躯だけに、迫力は911ターボを凌ぐほどである。しかも電子デバイス満載のシャーシは、その加速を余裕で受け止めてしまうのだ。

車両価格2481万円とターボより395万円も高いターボSだが、これは単にパワー増強代ではなく、ターボではオプションの数々の電子デバイスなども含んだ価格。そう考えれば高いけれど、高くない。現ターボオーナーは悔しいだろうが、いつもそうやって最後には納得させてしまうのがポルシェなのである。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード パナメーラ ターボS
全長×全幅×全高(mm) 4970×1930×1420
車両重量(kg)---
エンジン種類V8 DOHC 直噴ツインターボ
総排気量(cc)4806
最高出力[ps/rpm]550/6000
最大トルク[N・m/rpm]750/2250~4500(オーバーブースト時800Nm)
Tester/島下泰久 Photo/ポルシェジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ベントレー ミュルザンヌ|ドライブして初めて知ることができる“優雅さ”という独自の高級思考(2019/12/11)
【試乗】新型 BMW M5 Competition|サーキットでもロングドライブでも高次元の歓びを実現させるスポーツセダン(2019/12/11)
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027