新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧シトロエン DS4 【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

シトロエン DS4 【ニューモデル試乗】 / navi

(2011/09/30)

シトロエンらしさはDSシリーズにて…

  • シトロエン DS4 走り|ニューモデル試乗
  • シトロエン DS4 インパネ|ニューモデル試乗
クラスを上回る質感高いインテリア。廉価グレード“シック(156ps)”には、シングルクラッチ式のパドルシフト付き6速EGSを搭載。写真の上級仕様“スポーツシック(200ps)”には6速MTが設定される
どうして新型C4が、あまりにもひっそりと、あまりにもアッサリ味に(とはいえ中身は濃かったが)フルモデルチェンジしてしまったのか。その理由がDS4の登場で明らかになっただろう。

つまり、これまでのC系はコンサバデザインに徹して(シトロエンと言えども)数を稼ぎましょう、と。それじゃシトロエンファンが黙っちゃいないというわけで、飛び切りぶっ飛んだデザイン&コンセプトのモデルをシリーズ化しましょうか、と。それがすなわちDSシリーズの本性だ。

名前が表している通り、C4がベース。何とも表現のしづらい、従来のカテゴリー枠に収まらないスタイリングが魅力で、ひとめボレ以外受け付けない、らしい。X6を小さくしたようなカタチは、なんと言ってもリアドアから後ろが見どころだ。このシャープなウィンドウラインとマッシブなドア形状を出すために、リア窓は開けさせないときた!
  • シトロエン DS4 シート|ニューモデル試乗
  • シトロエン DS4 リアスタイル|ニューモデル試乗
写真はレザーが標準となるスポーツシックのシート。前席にはスポーティなバケットタイプのものが奢られる。SUVの高い車高とクーペのようなスタイルを兼ね備えたボディは全長4275×全幅1810×全高1535mm。後席のドアノブをウィンドウに隠すことで2ドアクーペかのような造形とした

ズバ抜けていいインテリア。走りは6MTで、ぜひ

何たるこだわり、無鉄砲。そこが偏屈変態=シトロエンらしさだよん、なんて無責任なことばっかりは言っていられない。最近ありがちな“顔以外気に入ったぞ!”という気持ちで乗り込めば、インテリアは極上品。デコの日焼けが気になるパノラミックウィンドウは、それでも開放感抜群で、その下のダッシュボードも格好よく、シフトレバー周りも小粋で素晴らしい!

インテリアだけ、わが家のジムニーに移植したいよ。走りの方も、すこぶる良かった。ただし200psのスポーツシック6MTの方。内外装がここまでぶっ飛んでいれば、やっぱり走りの方も少々おキレになった方がいい、というわけで、吸い込みの気分がいいマニュアルシフトを操ってのドライブは、なかなか強烈。

粘ってフラットなハンドリングなどは、目線の高いスポーツカーだ。ちんたらドン臭い2ペダルに乗っている場合じゃないって!
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード スポーツシック
全長×全幅×全高(mm) 4275×1810×1535
車両重量(kg)1400
エンジン種類直列4気筒DOHC+ ターボ
総排気量(cc)1598
最高出力[ps/rpm]200/5800
最大トルク[kg-m/rpm]28.0/1700
車両本体価格345.0万円
Tester/西川 淳 Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027