新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧シボレー カマロコンバーチブル 【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

シボレー カマロコンバーチブル 【ニューモデル試乗】 / navi

(2011/10/26)

カッコいいオープンカーへの原点回帰

  • シボレー カマロ コンバーチブル走り|ニューモデル試乗
  • シボレー カマロ コンバーチブルリアスタイル|ニューモデル試乗
クーペからそっくりそのままルーフを切り取った大胆なスタイリング。ボディサイズは、すでに発売中のクーペと比べて全高を15mm延長(幌クローズド時)。さらに幌にはアメリカンコンバーチブル王道のキャンバスタイプを採用、ブラックとベージュの2色を設定する。クローズド時からフルオープンまでの所用時間は約20秒、ただし停車時のみ作動
シボレーカマロに待望のオープン仕様が追加された。このコンバーチブルは走行性能や快適性に関してクーペと変わらないパフォーマンスを追求して開発されており、フロントサスペンション上部の強化タワーバーやフロア下の補強によりボディ剛性は高いレベルを獲得。

またソフトトップに吸音効果のあるヘッドライナーを採用したり随所に特殊フォームを組み込んだりすることで振動や騒音の発生を抑えることに成功している。

ソフトトップを開けるにはウィンドシールドフレームの中央に設けられたハンドル操作を手動で行う必要があるが、その後はスイッチを押すだけでサイドウインドウが自動的に下がってトップがリアシート後方に格納される仕組み。所要時間は約20秒となる。パワーユニットは3.6L直噴V6エンジンに6速ATのみの設定で、価格は499万円。
  • シボレー カマロ コンバーチブルサイドスタイル|ニューモデル試乗
  • シボレー カマロ コンバーチブルエンジン|ニューモデル試乗
搭載されるエンジンはクーペの3.6L V6モデルと同じ最高出力308ps/最大トルク370Nmを発生。MTモード付きトルコン6速ATは、Mモードを選択することでパドルでのシフトチェンジが楽しめる。タイヤサイズは前245/45ZR20、後275/40ZR20。スタビリティトラックやトラクションコントロールシステムなどトップレベルの安全性能を標準装備する

普段使いができて時々ワルにも豹変可!

走り出した最初の印象はとにかく「静か」であること。ちょっとした路面の凹凸を乗り越えても、ミシリという音を聞くことはまったくない。後方視界も含めてクーペとの差はほとんどなく、利きの良いエアコンの助けもあって、クローズド状態においてはオープンになることさえ忘れてしまいそうな快適性である。

室内の静粛性をかなえているもう一つの要因は、よくできたV6エンジンだろう。カタログにも謳っていないが、実はこのエンジンはDOHC。吹け上がりは軽くトルクも太い。しかもレギュラー仕様! アメ車らしいエンジンの魅力をすべて兼ね備えている素晴らしいパワーユニットだ。

クーペのサンルーフ仕様と比べた場合の重量増は110kgだが、その重さを感じることは皆無。トップ格納時の惚れ惚れするようなスタイリングには、いまライバルはいない。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード カマロ コンバーチブル
全長×全幅×全高(mm) 4840×1915×1395
車両重量(kg)1840
エンジン種類V6 DOHC
総排気量(cc)3562
最高出力[ps/rpm]308/6400
最大トルク[Nm/rpm]370/5200
車両本体価格499.0万円
Tester/堀江史朗 Photo/小見順治
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ベントレー ミュルザンヌ|ドライブして初めて知ることができる“優雅さ”という独自の高級思考(2019/12/11)
【試乗】新型 BMW M5 Competition|サーキットでもロングドライブでも高次元の歓びを実現させるスポーツセダン(2019/12/11)
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027