新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱 ギャランフォルティス 【ニューモデル】 / navi

クルマニュース

三菱 ギャランフォルティス 【ニューモデル】 / navi

(2007/10/01)

魅力的な欧州テイストの乗り味とお買い得な価格設定

(Tester/松下宏 Photo/尾形和美)
コンセプト
安全性、環境、快適性など世界基準のスポーツセダン
三菱 ギャランフォルティス フロント|ニューモデル試乗三菱 ギャランフォルティス リア|ニューモデル試乗三菱 ギャランフォルティス|ニューモデル試乗
三菱のミドルセダンであるギャランと小型セダンであるランサーを統合する形で登場したモデル。海外ではランサーとして、国内ではギャランの冠をもつフォルティスとして販売される。当然ながら海外比率の高いモデルなので、走行性能はもちろんのこと、安全性や環境性能、快適性なども含めて、グローバル基準のスポーティセダンとして開発された。

外観デザインは三菱の新しい顔ともいえる台形のグリルと、逆スラントしたフロントノーズによるアグレッシブな顔つきが特徴。リアビューは3連の丸型ランプを収めた横長のコンビランプが印象的だが、アルファ156などが連想されてしまうのはやや残念。
 インテリアはアーチ状のインパネが広さ感を演出している。
室内&荷室空間
絶妙サイズのボディの中に十分な居住空間と荷室空間
三菱 ギャランフォルティス インパネ|ニューモデル試乗三菱 ギャランフォルティス フロントシート|ニューモデル試乗三菱 ギャランフォルティス リアシート|ニューモデル試乗
ボディサイズは従来のギャランよりも短くてランサーよりも長い中間的な全長と、ギャランよりも幅広い全幅、十分な全高という絶妙のサイズだ。ホイールベースは従来のギャランと同じである。

全高が貢献してヘッドスペースが拡大するなど、室内空間は全体に十分な広さが確保されている。着座位置の地上高が高くなったことで、乗り降りがしやすく視界の開けた運転席となった。最小回転半径が5.0mというのはとても小さくて扱いやすい数値である。

ラゲージスペースは標準状態でも十分な容量があるが、6:4の分割可倒式リアシートを倒せば、トランクスルーによってさらに拡大された空間を実現できる。ちなみに後席の中央にも3点式シートベルトがきちんと装備されている。
ドライブフィール
欧州車的なスポーツの走り乗り。心地の良いエクシード
三菱 ギャランフォルティス 走り|ニューモデル試乗三菱 ギャランフォルティス アルミホイール|ニューモデル試乗三菱 ギャランフォルティス エンジン|ニューモデル試乗
ギャランフォルティスをベースに次期ランサーエボリューションXが作られることからもわかるように、スポーティな走り味をもつ。特に18インチタイヤを履いたスポーツは、ロールを抑えた硬めの乗り味が欧州車的な走りを感じさせる。18インチの割には乗り心地も悪くないが、必ずしもお勧めグレードとは言い難い。

これに対して16インチタイヤを履いたエクシードは優れた乗り心地を感じさせ、一般のユーザーにはこちらがお勧めだろう。

搭載される2Lエンジンは113kW/198N・mの動力性能を発生し、ボディに対して余裕ある実力をもつ。スポーツモード付きのCVTとの組み合わせによって滑らかな走りを実現している。パドルによる積極的な操作も可能だ。
こんな人にオススメ
ギャランフォルティスは発売当初から相当に好調な売れ行きを示しているが、これは価格の安さも理由だ。カーナビの付いたスーパーエクシードで210万円台の価格はライバル車となるトヨタプレミオ/アリオンなどに比べてグンと割安。多人数乗車を必要とせず、オーソドックスなセダンが欲しいという人には、幅広く勧められる車である。

主要諸元のグレード スポーツ
駆動方式 FF
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 4570×1760×1490
ホイールベース(mm) 2635
車両重量(kg) 1370
乗車定員(人) 5
エンジン種類 直4DOHC
総排気量(cc) 1998
最高出力[kW(ps)rpm] 113kW(154ps)/6000rpm
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 198N・m(20.2kg-m)/4250rpm
10・15モード燃費(km/L) 13.6
ガソリン種類/容量(L) 無鉛レギュラー/59
車両本体価格 スポーツ 204万7500円
スーパーエクシード ナビパッケージ 212万1000円

クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027