新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱 RVR 【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

三菱 RVR 【ニューモデル試乗】 / navi

(2011/11/24)

新エンジンは低燃費だけでなく、静粛性も向上!

  • 三菱 RVR 走り|ニューモデル試乗
  • 三菱 RVR エンジン|ニューモデル試乗
三菱のコンパクトSUV、RVRにマイナーチェンジが実施された。今回の改良の最大の目玉は、1.8Lエンジンを刷新し、新開発のアイドリングストップ機構である「AS&G」を組み合わせたことだ。

新エンジンは、同社がもつ連続可変バルブタイミング機構「MIVEC」を搭載。またカムシャフトを従来のDOHCからSOHCに変更(最廉価のEのみ従来エンジンを継続搭載)。備品点数が減少し軽量化が図れるだけでなく、燃費悪化の原因となるポンピングロス(空気吸入時の損失)も低減することができる。

このシステムは、同時期に一部改良されたギャランフォルティス&ギャランフォルティススポーツバックにも搭載されている。
  • 三菱 RVR インパネ|ニューモデル試乗
  • 三菱 RVR 後席着座|ニューモデル試乗
試乗したのは、最上級グレードであるGのFF車(224万円)。走り始めてまず最初に感じるのは、ステアリングの操舵力が他社の同クラスのSUVに比べると明らかに重いことだ。電動パワーステアリングのセッティングを変更することでしっかりとしたフィーリングを出したとのことだが、切り返しの多い駐車場などでは、この重さは女性には厳しいかもしれない。

一方で直進時は、従来までの直進時におけるやや頼りなかった操舵感は改善。特に高速走行時でのしっかりした走行感、また乗り心地が向上した点は高く評価できる。

注目のAS&&だが、停止~始動時のショックは大きくも小さくもなく、標準的といったレベルだ。ただAS&Gが作動中でもエアコンはきちんと動いており、再始動までしっかりと冷気が出るセッティングがされていた。気温が高く、車内の温度がすぐに上がる夏には効果的だろう。

アイドリングストップ機構は各社とも作動条件が細かいのだが、AS&Gはエンジンとの協調制御を行っているとはいえ、もう少し積極的に作動してもいいと感じた。いずれにせよ実燃費向上には効果があることは間違いない。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード G
駆動方式 FF
全長×全幅×全高(mm) 4295×1770×1615
ホイールベース(mm) 2670
車両重量(kg)1330
乗車定員5人
エンジン種類直4SOHC
最高出力[ps/rpm]102kW(139ps)/6000rpm
最大トルク[kg-m/rpm]172N・m(17.5kg-m)/4200rpm
車両本体価格帯171万8500~246万6000円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する(※点数は標準車のものです)
総合評価18/ 25
EQUIPMENT(装備)2/ 5
4スピーカーとルーフアンテナのみ標準装備。7インチディスプレイをもつMMCS(HDD)ナビ(地デジ付き)とプレミアムオーディオは、Gグレードの場合48万8250円でメーカーオプション設定される。
SAFETY(安全性)4/ 5
通常のHIDに比べ約1.4倍明るく、広範囲を照射するスーパーワイドHIDはGに標準装備。ニーエアバッグとASC(車両安定デバイス)はFF、4WD問わずGとMにヒルスタートアシストとセットで装着される。
ECO(環境性能)5/ 5
GとMは今回の新エンジンとアイドリングストップ機構の採用で環境性能を向上。平成17年排出ガス基準75%低減レベルで☆4つに適合。平成22年度燃費基準は+25%、最廉価のEのみ+15%を達成した。
MILEAGE(燃費)3/ 5
10・15モード燃費はFF車で17.0km/L、4WD車で16.8km/L。これは従来の15.2km/L(FF車)に対し、約12%の向上になる。より実走に近いJC08モードでも15.8km/L(FF車)と同クラスのSUVの中では優秀だ。
VALUE(バリュー)4/ 5
Gグレードは5万2850円のアップ。しかし新エンジン&AS&Gのほか、FF車へのASCとヒルスタートアシストの標準装備化(4WDは元々標準装備)などが入っており、トータルでは買い得感が向上した。
写真:篠原晃一 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ベントレー ミュルザンヌ|ドライブして初めて知ることができる“優雅さ”という独自の高級思考(2019/12/11)
【試乗】新型 BMW M5 Competition|サーキットでもロングドライブでも高次元の歓びを実現させるスポーツセダン(2019/12/11)
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
2
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
3
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラスポーツ|登場からわずか1年で大人な乗り味に進化したスポーツハッチ(2019/11/05)
4
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラ|イメージ一新! 欧州で育て上げられた新世代セダン(2019/11/11)
5
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA2|デミオが名前を変えて進化! 厚みをもった味付けとなり、ワンランク上のコンパクトモデルになった(2019/11/18)
6
keep
【新型】マツダ MAZDA3セダン|高級感を増したのびやかで美しい新世代セダン(2019/08/22)
7
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
8
keep
【新型】ダイハツ タント|肝いりの新プラットフォームと最新運転支援装備で、使い勝手を極限まで高めた軽自動車に超進化(2019/08/15)
9
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
10
up
【試乗】新型 レクサス LS/LC|年次改良でいよいよ成熟を迎えたフラッグシップモデル(2019/12/05)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027