新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン アップ! 【海外試乗】 / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン アップ! 【海外試乗】 / navi

(2011/12/02)

小型車への安全配慮も忘れてない

  • フォルクスワーゲン アップ! 走り|ニューモデル試乗
  • フォルクスワーゲン アップ! インパネ|ニューモデル試乗
白を基調としたクリーンな内装は広く見せるよう視覚的に配慮。ダッシューボードには独NAVIGON社製ナビを装着。国内仕様が気になるところ
2007年に発表されたコンセプトカーはRR(リアエンジン・リアドライブ)だったup! だが、市販車はオーソドックスなFFでの登場となった。3540mmの全長は同社のエントリーカーだったルポより13mm長いだけ。しかしホイールベースは、実に99mmも伸ばされている。エンジンは新開発の3気筒999ccで、60psと75psの2仕様が用意される。

5速MTと、後にロボタイズドMTが設定される予定。DSGが搭載されない代わりに、アイドリングストップや減速エネルギー回生などをセットにしたブルーモーションテクノロジー仕様が設定される。こちらで燃費は4.2L/100km(約23.8km/L)を実現する。

低速域での衝突回避・被害低減自動ブレーキを行う、クラス初搭載のシティエマージェンシーブレーキングがオプションで設定されているのもトピック。小型車でこそ大事な安全性への配慮も徹底されているわけだ。

軽快感で気持ち良さup!

  • フォルクスワーゲン アップ! エンジン|ニューモデル試乗
  • フォルクスワーゲン アップ! リアスタイル|ニューモデル試乗
オールアルミ製1Lの3気筒ガソリンエンジンは新設計。ECUチューンによって60psと75psが用意されるが、最大トルクは9.7kg-mで共通
外見はシンプル。最初は素っ気な過ぎると感じたが、ローマの街中で見るうち案外悪くないなと思えてきた。グリルレスの顔や力強いフェンダー、スマートフォンがモチーフのリアビューなど、実は凝ったディテールがじわじわ効いてくる。

室内も十分に広く、後席も大人2名には十分。ナルホド、これなら確かにRRでなくてもいい。1トン以下と軽い車体、粘りある実用域のトル クのおかげで動力性能はまずまず。特に75psなら流れを十分リードできる。フットワークも軽快。余計な色はついていないが、軽さと正確さ、そして石畳でもボロが出ない強靭さが気持ち良い。

ハイクオリティだが決して高級ではないし、ポロのような重厚さも薄いが、代わりに軽快感が気持ち良いup!。日本には来秋2ペダルの5ドアが上陸する。価格も頑張ってくれそうだから、輸入車ファン以外にもアピールできるのでは?
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード up!
全長×全幅×全高(mm) 3540×1640×1480
車両重量(kg)929
エンジン種類直3DOHC
総排気量(cc)999
最高出力[ps/rpm]75/6200
最大トルク[kg-mrpm]9.7/3000~5000
車両本体価格---万円
Tester/島下泰久 Photo/フォルクスワーゲン グループジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ボルボ 新型XC40リチャージプラグインハイブリッド T5 インスクリプション|電動化戦略第1弾における最後の1台が登場(2020/11/29)
美力を上げたモダンスポーツ JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE【Car as Art !】(2020/11/21)
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
【試乗】アウディ 新型e-tronスポーツバック|満を持して日本のプレミアム電気自動車市場に登場したアウディのピュアEV(2020/11/17)
【試乗】新型 メルセデスベンツ GLS|長距離、大雨で真価を発揮したフラグシップSUV(2020/11/12)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027