新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ SLKクラス SLK55 AMG 【海外試乗】 / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ SLKクラス SLK55 AMG 【海外試乗】 / navi

(2012/01/04)

シリンダー休止システム付きの直噴V8自然吸気

  • メルセデス・ベンツ SLKクラス SLK55 AMG 走り|ニューモデル試乗
  • メルセデス・ベンツ SLKクラス SLK55 AMG リアスタイル|ニューモデル試乗
ブラックアウトした前後バンパーなど迫力あるスタイルが与えられた。V8サウンドの美声を謳うAMG初のフラップ切り替え式エキゾーストを採用
名機M156(自然吸気6.2LのV8)に代わるAMGの主力エンジンといえば、今、5.5L直噴V8ツインターボのM157である。このユニットからツインターボを取っ払った自然吸気エンジンが、新型SLK55 AMGには搭載されている。

ガソリン直噴ヘッドユニットやエネルギー回生システム、さらにはスタート&ストップなど、効率化の主要アイテムはそのまま引き継ぎつつ、さらなる取り組みとして、「AMGシリンダーマネージメント」と呼ばれる気筒休止システムを採用した。これは低負荷時(800~3600回転)において、2番、3番、5番、8番のシリンダーをシャットオフするもの。

その結果新型SLK55AMGは、V8ハイパフォーマンスカーとしては異例の好燃費、8.4L/100kmと、低CO2排出量、 195g/km(NEDC総合)を達成している。システム作動時のショックを嫌って、トルコンATを組み合わせた。

OnとOffを使い分けるワインディングマシン

  • メルセデス・ベンツ SLKクラス SLK55 AMG インパネ|ニューモデル試乗
  • メルセデス・ベンツ SLKクラス SLK55 AMG エンジン|ニューモデル試乗
黒と赤を基調とした豪華仕立て。マジックスカイコントロールパノラミックバリオルーフの選択も可能。低燃費性を考慮してトルコン7速ATが選ばれた
街中ではいい意味でポルシェボクスターのような、フラット&ハードな乗り心地である。クルージングしていると、エンジン音が“ボボーッ”と、急にフ抜けたようになる。トランスミッションモードはECO4表示。4気筒で走っているのだ。この状態でも230Nmあるから、十分である。踏み込むと、ほとんど違和感なく8気筒に戻り、エンジンサウンドも俄然、締まった音となる。

フラップ式となったエグゾーストノートシステムのおかげで、低回転域ではネコが喉をならすような心地いい響き。そこから踏み込んでいくと、フラップが15度、30度、そして最大50度まで開き、盛大なエグゾーストノートとなる。音質的には、SLSと同様に、アメリカ人好みのサウンドだ。

ワインディングマシンである。トルクベクタリングブレーキも備わって、ミズスマシのように駆け回る。街中よりも郊外の別荘が似合う車だ。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード SLK55AMG
全長×全幅×全高(mm) 4134×1810 ×1301
車両重量(kg)1610
エンジン種類V8DOHC
総排気量(cc)5461
最高出力[ps/rpm]422/6800
最大トルク[Nm/rpm]540/4500
車両本体価格-万円
Tester/西川 淳 Photo/メルセデス・ベンツ日本
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027