新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ C63AMGクーペ ブラックシリーズ【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ C63AMGクーペ ブラックシリーズ【ニューモデル試乗】 / navi

(2012/01/06)

63ユニットは恐らくファイナルスペック

  • メルセデス・ベンツ C63AMGクーペ ブラックシリーズ 走り|ニューモデル試乗
  • メルセデス・ベンツC63AMGクーペ ブラックシリーズ リアスタイル|ニューモデル試乗
まるでDTMマシンを彷彿とさせるカーボン製リアウイングやカナード付きのフロントサイド。外装パーツのほとんどがブラックシリーズ専用だ
以前にリリースされたCLK63AMGブラックシリーズの後継、と考えていいだろう。DTMや欧州GT選手権のワークスカーを彷彿とさせるスタイリングと、Cクラス歴代最強となるパワースペックを得て、これまでのブラックシリーズと同様に、コレクターズアイテム必至のモデルとなった。珠玉の63ユニットは、恐らくファイナルスペック…。

前後ともトラック幅を拡げ、なおかつ車高も下げたため、ノーマルのCクラスクーペに比べると、かなりワイド&ローな出で立ちだ。迫力のワイドフェンダーはブラックシリーズの特徴で、なかにはSLS AMGと似たデザインの鍛造アロイホイールが収まった。

パッケージオプションのフロントカナードやリアハイウィングも猛々しい。このあたりは、SLS AMG GT3からそのデザインヒントを得たものである。もちろん、アシ回りやブレーキシステムも専用チューニングである。

サーキットを速く走りたい人に…

  • メルセデス・ベンツC63AMGクーペ ブラックシリーズ エンジン|ニューモデル試乗
  • メルセデス・ベンツC63AMGクーペ ブラックシリーズ インパネ|ニューモデル試乗
6.2LのM156型の最終進化とも言われているV8ユニットは最高出力517psを発生。AMGスピードシフト7速MCTと組み合わせる
コークスクリューで有名なラグーナセカ。ピットレーンでエンジンを掛けた。ノーマルのC63よりハッキリとラフなアイドリングで、ハナからヤル気満々。ヘルメット着用で、おまけに2シーターのスポーツバケットシートに収まっていたものだから、これでロールバーでも入っていたら、完全にツーリングカー選手権モードだったろう。

スタートからいきなり全開に。ワイドになったリアタイヤのおかげか、後輪にめいっぱい荷重をかけてもブレイクの予感すらない。超安定志向。ためしにノーズを左右に振ってみても、車体は路面にピタリと張り付いたまま、だ。

コーナリングの最中も、安定志向は変わらない。そこがノーマルのC63クーペと最も違う点。この車を“踊らせる”には、相当のウデと度胸が必要だろう。そういう意味でも、やはり、ツーリングカーに近いポテンシャルの持ち主だった。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード C63AMG
全長×全幅×全高(mm) 4745×1855 ×1388
車両重量(kg)1710
エンジン種類V8DOHC
総排気量(cc)6208
最高出力[ps/rpm]517/6800
最大トルク[Nm/rpm]620/5200
車両本体価格1500万円
Tester/西川 淳 Photo/メルセデス・ベンツ日本
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
3
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
keep
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
7
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
8
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
keep
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027