新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ スイフトスポーツ 【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

スズキ スイフトスポーツ 【ニューモデル試乗】 / navi

(2012/01/11)

大幅改良が施された1.6Lエンジンの反応の良さは秀逸

  • スズキ スイフトスポーツ 走り|ニューモデル試乗
  • スズキ スイフトスポーツ インパネ|ニューモデル試乗
3代目となる新型スイフトスポーツのラインナップは、5ドアハッチバック&FFのみ。内外装は旧型同様専用パーツを装着する。この辺の手法は手慣れたもので、欧州のコンパクトスポーツと十分勝負できる演出のうまさが光る。コンパクトカーのホッとバージョンではあるが、大人が乗っても「様になる」モデルに仕上げられている。

試乗はまずMT車から。旧型の5速から6速へと進化したが、この6速は高速巡航時などの燃費向上のためにハイギアード化、ワインディングロードではギア比の間隔を狭めた2~5速を多用した。

型式名は同じでも大改良を施したという1.6Lエンジンはアクセルに対する反応と吹け上がりの良さがやはり際立つ。フツーに流して走っても十分だが3000回転あたりを超えるとさらに元気になる。
  • スズキ スイフトスポーツ フロントシート|ニューモデル試乗
  • スズキ スイフトスポーツ リアスタイル|ニューモデル試乗
スイフトスポーツは、旧型で70%以上がMT車、新型でもそれに近い比率にはなるだろうが、旧型の4速からCVTに変更された2ペダル車も実は侮りがたい。しかし、3000回転前後に瞬間トルクが落ち込んだように感じる以外は、出だしの良さや7速マニュアルモードを駆使することでステアリングに意識を集中しながらスポーティドライビングが楽しめる。

さらにスズキが誇る副変速機機構により、エンジン回転数を低く抑えることで燃費性能を向上させているなど、普段使いでのメリットも多い。

ハンドリングは極めて正確、ステアリング中立付近での曖昧さが少なく欧州車と勝負できるレベルに達しているし、見た目よりはるかに乗り心地が良く、車の挙動も常に安定している。実はシャーシを含め、足回りもこだわりが感じられる専用設計は安全にもつながるのである。またモンローのショックアブソーバーを採用するなど走り屋の心をそそる演出もうまい。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード スイフトスポーツ
駆動方式 FF
トランスミッション 6MT
全長×全幅×全高(mm) 3890×1695×1510
ホイールベース(mm) 2430
車両重量(kg)1050
乗車定員5人
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)1586
最高出力[ps/rpm]100kW(136ps)/6900rpm
最大トルク[kg-m/rpm]160N・m(16.3kg-m)/4400rpm
新車価格帯168万~178万8250円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する(※点数は標準車のものです)
総合評価15/ 25
EQUIPMENT(装備)2/ 5
オーディオは6スピーカーを標準装備。ヘッドユニットなどはレス仕様だ。17インチアルミホイールや専用のアルミペダルなどの標準化など走りにこだわりをもつ人が喜ぶ装備類に力を入れている。
SAFETY(安全性)3/ 5
ESP(車両安定デバイス)、4輪ディスクブレーキ、全席3点式シートベルト&ヘッドレストレイントを標準装備。ディスチャージヘッドランプはメーカーオプション、サイドエアバッグの設定はない。
ECO(環境性能)2/ 5
エンジンは大改良を受けているが高出力化を重視したため平成17年年排出ガス基準は50%低減レベルで☆3つ止まり。ただしCO2排出量は旧型の165g/kmに対し、147g/km(いずれもMT車)と低減している。
MILEAGE(燃費)3/ 5
10・15モード燃費はMT車で15.6km/L、特にCVT車は16.0km/Lと旧型の13.6km/Lから大きく向上した。より実走に近いJC08モードではそれぞれ14.8km/L、15.6km/L。ガソリンはプレミアム指定となる。
VALUE(バリュー)5/ 5
客観評価では低くなりがちだが、この車の何よりの魅力は最近では少なくなった「走りへのこだわり」である。旧型の中古車人気が高いことからもわかるように、数字だけでは語れない良さがある。
写真:尾形和美 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027