新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ Mクラス【海外試乗】 / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ Mクラス【海外試乗】 / navi

(2012/01/27)

コンセプトは高効率&ラグジュアリー化

  • メルセデス・ベンツMクラス 走り|ニューモデル試乗
  • メルセデス・ベンツMクラス リアスタイル|ニューモデル試乗
東京モーターショーで公開された新型Mクラス。その他の最新モデル同様、フロントフェンダーから伸びるキャラクターラインを採用している
Mクラスが第3世代へと進化を果たした。他の独プレミアムブランド系SUVと同様に、そのステップアップの核となるコンセプトは、高効率化とラグジュアリー化の2点と思っていただいていい。日本仕様としては今のところ350ブルーエフィシェンシー、350ブルーテック、そして63AMGの3グレードが上陸する予定で、今回は前二車について報告したい。

いずれも第4世代の電子制御4マチック(4WD)システムと7Gトロニックを標準で積んだ。ブルーエフィシェンシーは、最新世代の直噴ヘッドをもつ3.5L V6ガソリン車、ブルーテックはユーロ6適合の3L V6ディーゼルターボ車だ。

高効率パワートレインに加えて、アルミ材の多用による軽量化や電動パワーステアリングの採用、エアロダイナミクスの向上など効率化への"執念" は多岐におよぶ。

買うならゼッタイ、ディーゼルターボ

  •  メルセデス・ベンツMクラス インパネ|ニューモデル試乗
  • メルセデス・ベンツMクラスサイドスタイル|ニューモデル試乗
シルバーメッキのスイッチ類やステリングホイールなど、最新のデザイントレンドを踏襲したインテリア
なるほど、内外装ともにずいぶんと"豪華" になった。第一印象でそう思う。マスクなどは最新のメルセデスデザイントレンド(ちょっと CLっぽい)を踏襲しながらも高級SUVらしく、威圧感が増した。インテリアの見栄え質感も相当に上がっているし、後席も格段に広くなった。これはもうラグジュアリーサルーンの領域だ(実際、そういう使われ方も多いはず)。

クルマのデキはといえば、想定内の"よくできました" である。雪上での扱いやすさはさすがだったが、通常走行時は、「これぐらいのライドフィールなんて今のベンツならへっちゃら」という、レベルは高いが新鮮な驚きや感動はない"すんげえすんげえ" ではなく、"いいねえいいねえ"そんな感じ。とはいえ、ビッグトルクのブルーテックの瞬発力にはさすがに瞠目した。ガソリンエンジンがまるで霞む。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード ML350 BlueEFFICIENCY 4MATIC
全長×全幅×全高(mm) 4804×1926×1796
車両重量(kg)2130
エンジン種類V6DOHC
総排気量(cc)3500
最高出力[ps/rpm]306/6500
最大トルク[kg-m/rpm]37.7/3500-5250
車両本体価格---万円
Tester/西川 淳  Photo/メルセデス・ベンツ日本
クリックでタグの選択
最新ニュース
ぶつかるー! と心で叫んでもジェントルに停止するトヨタの先進安全機能『Toyota Safety Sense』第2世代(2018/06/18)
新型カローラハッチバック(プロトタイプ)がすごい!走りもデザインもスポーティに磨かれた!(2018/06/17)
クラウン(プロトタイプ)がお披露目されました! 先進装備はもちろん優れた走りと洗練されたデザインへと進化しました!!(2018/06/17)
ロードスターRF(プロトタイプ)は、見た目は変わらずも中身は全く違う車になった!(2018/06/16)
間違いなく史上最強! キープコンセプトながら中身は刷新された3代目カイエン(2018/05/11)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027