新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スズキ アルト エコ【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

スズキ アルト エコ【ニューモデル試乗】 / navi

(2012/01/30)

低燃費に対するスズキの執念によって生まれたアルトエコ

  • スズキ アルト エコ 走り|ニューモデル試乗
  • スズキ アルト エコ メーター|ニューモデル試乗
現在の軽自動車の多くは高い環境・燃費性能をもっているが、その中で頭一つ抜き出たのがダイハツミラe:S(以下イース)だ。 2011年9月の登場時、非ハイブリッドのガソリン車ではトップとなるJC08モード30.0km/Lの燃費が話題になった。だがわずか2カ月後にその記録はJC08モード30.2km/Lのアルト エコによって塗り替えられた。ミライースとの差はわずか0.2km/Lであるが、このあたりにダイハツには負けるわけにはいかないというスズキの意地と、「すべてがエコカー」というキャッチフレーズを現行型アルト登場時に与えたそのこだわりを感じる。
  • スズキ アルト エコ リアシート|ニューモデル試乗
  • スズキ アルト エコ ホイール|ニューモデル試乗
ベースとなるアルトのJC08モード燃費は最高で22.6km/L。それより30%以上燃費を向上させミライースまで抜いたのは、エンジンやミッションの徹底的な摩擦抵抗の低減や同グレード比で約20kgの軽量化、アイドリングストップ機構の採用によるもの。実はあまり知られていないがフロントバンパーの形状も空力的に有利になるように変更されているほか、最低地上高を15mmダウンするなど見た目以上に改良の幅は大きい。

試乗したのは上位グレードのS。大人3人+荷物を載せた状態でも、走り出しから軽快さを感じる。燃費向上のために280kPaという高い指定空気圧のタイヤを履きながら、普段使いなら十分以上と言えるレベルの乗り心地を確保した点は驚きだ。ただし段差ではそれなりの突き上げはある。アイドリングストップは、ミライースが約7km/hから作動するのに対し、アルトエコは9km/hから作動。またエンジン休止時にペダルが重くなりガクッとショックが出る現象は比較的マイルドで、ステアリングを軽く動かすだけでエンジンが再始動するので違和感が少ない。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード ECO-S
駆動方式 FF
トランスミッション CVT
全長×全幅×全高(mm) 3395×1475×1520
ホイールベース(mm) 2400
車両重量(kg)740
乗車定員4人
エンジン種類直3DOHC
総排気量(cc)658
最高出力[ps/rpm]38kW(52ps)/6000rpm
最大トルク[kg-m/rpm]63N・m(6.4kg-m)/4000rpm
車両本体価格89万5000~99万5000円
RATING走行性能だけでは車は語れない。そこで快適装備の充実度や安全性の高さ、環境性能、燃費、バリューの5つのポイントで評価する(※点数は標準車のものです)
総合評価19/ 25
EQUIPMENT(装備)3/ 5
AM/FMラジオ付きCDプレイヤー&2スピーカーは全グレードに標準装備。試乗した上位グレードのSには、Lに非装着となるキーレスエントリーや全面UVカットガラス、電動格納ミラーなどが付く。
SAFETY(安全性)2/ 5
ABSや前席エアバッグ、坂道発進時に後退を抑えるヒルホールドコントロールが全グレード標準装備。後席ヘッドレストは未装備となる。イモビライザー(盗難防止装置)はSグレードのみの設定だ。
ECO(環境性能)5/ 5
ベースのアルト自体がエコカーを標榜していたこともあり、環境性能は自慢のポイント。平成17年排出ガス規制75%低減レベルで星4つ。平成22年度燃費基準も+25%を達成している。
MILEAGE(燃費)5/ 5
10・15モード燃費32.0km/Lはダイハツミライースと同じ。しかしより実走に近い“これから”の燃費基準であるJC08モードでミライースより0.2km/L燃費を向上。この数値はガソリン車でトップだ。
VALUE(バリュー)4/ 5
ミライースほどの新鮮さはないが、燃費性能で勝るほか、同車の中上級グレードXと同額にするなど、ライバルを追い越し追い越せという意気込みが伝わる一台。軽中古車の相場への影響も看過できない。
写真:尾形和美 文:高山正寛
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
down
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
keep
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
keep
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027