新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧 【追加モデル】トヨタ ブレイド / navi

クルマニュース

【追加モデル】トヨタ ブレイド / navi

(2007/10/17)

[追加モデル]トヨタ ブレイド

(Tester/西川淳 Photo/尾形和美)
コンセプト
“大人仕様”のハッチバック、ブレイドに「真打ち」が登場
トヨタ ブレイド フロント|ニューモデル試乗トヨタ ブレイド リア|ニューモデル試乗トヨタ ブレイド インパネ|ニューモデル試乗
リアサスペンションにダブルウィッシュボーンサスを奢るなど、オーリス派生モデルとして日本市場専用に進化したブレイド。オトナのハッチバックとして予想以上の人気を博しているが、新たに極めつけのグレードが追加された。3.5LV6+6ATを積む高性能バージョン“マスター”の登場だ。
ドライブフィール
いい意味での予想違い。2.4Lより上質な走りだ
トヨタ ブレイド 走り|ニューモデル試乗トヨタ ブレイド アルミホイール|ニューモデル試乗トヨタ ブレイド エンジン|ニューモデル試乗
280psのFFハッチバックだから、もっと過激な走りを想像していたが…。その期待は見事に、けれどもいい方向に裏切られた。ブレイドはあくまでオトナのハッチバックだ。常用域での扱いやすさ、ここ一発の加速、高速走行中の追い越し、どこをとっても280psを上手にスムーズに躾けられている。過激さとは全く無縁だ。

攻め込むと、さすがにノーズに重量を感じる。それでもリアサスがめげずに追随してくれるので、結果としてそれほど走りに破綻がない。操る楽しさが断続的になりがちだったノーマルモデルよりもむしろ印象がいいぐらいだ。街中の走りも落ち着いている。2.4L直4搭載モデルよりもはっきり上質な走り味。残る課題はベース同様にインテリアの質感だろう。
主要諸元のグレード マスター(2WD)
駆動方式 FF
トランスミッション 6AT
全長×全幅×全高(mm) 4260×1760×1515
ホイールベース(mm) 2600
車両重量(kg) 1470
乗車定員(人) 5
エンジン種類 V6DOHC
総排気量(cc) 3456
最高出力[kW(ps)rpm] 206kW(280ps)/6200rpm
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm] 344N・m(35.1kg-m)/4700rpm
10・15モード燃費(km/L) 10.2
ガソリン種類/容量(L) 無鉛プレミアム/50
車両本体価格(万円) 277万2000円
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
【試乗】ポルシェ 911 カレラ4S|高出力&ラグジュアリーに進む911に安定感をもたらす存在(2020/10/02)
【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化(2020/09/30)
【Car as Art !】BMW M550i xDrive Ultimate Edition(2020/09/25)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027