新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMWアクティブハイブリッド5【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

BMWアクティブハイブリッド5【ニューモデル試乗】 / navi

(2012/03/02)

初のストレート6+電気モーター

  • アクティブハイブリッド5 走り|ニューモデル試乗
  • BMWアクティブハイブリッド5 リアスタイル|ニューモデル試乗
Cピラーにエンブレム(ActiveHybrid5)を配置。亜鉛メッキ加工のキドニーグリルとクロームマット仕上げのエグゾースト、空力性能の高い18インチアルミホイールも専用となる
BMWのハイブリッドが、いよいよ普及モデルにも展開される。アクティブハイブリッド5は、その名の通り5シリーズがベース。535iに積まれている最高出力306ps/最大トルク400Nmの直列6気筒3L直噴ターボエンジンに最高出力55ps/最大トルク210Nmのモーターを組み合わせることで、システム最高出力は340ps、最大トルクは450Nmを手にしている。

結果として、動力性能は0→100㎞/h加速を5.9秒と535iとほぼ同等。最高4kmの距離をモーターだけで走行し、アイドリングストップシステムを標準で備え、そして通常は60km/h まで、ECO-PROモードでは実に160km/hまでのコースティング、つまり惰性走行を行うこともあって、燃費は約15.6km/Lと、約2割の向上を実現した。

日本上陸は第2四半期中を予定。価格は1000万円の大台を下回りそうである。

ハイブリッド感は薄いがBMWらしさは濃厚

  •  BMW アクティブハイブリッド5 インパネ|ニューモデル試乗
  • BMW アクティブハイブリッド5 モニター|ニューモデル試乗
9.2インチディスプレイで、エネルギーフロー/回生や充電状況、燃費履歴を確認できる。96個のセルをもつリチウムイオンバッテリーはラゲージルーム下に搭載された
発進からしばらく、モーターの動力のみで行われる走行は、背中を蹴飛ばされるほどではないものの十分に力強く、そして静かで滑らかだ。条件次第では4km、60km/hまでそのまま速度を乗せていくこともできる。

エンジン始動は滑らかで、意識していないと気づかないほど。一旦エンジンがかかると、ほとんどハイブリッドと意識させられることがないのは、エンジン自体の中低速トルクが充実しているせいもあるが、面白みが薄く感じられるのは事実だ。あくまでモーターはアシスト用なのである。車重が増えているので乗り心地はやや硬め。バッテリーに侵食されて荷室が狭いのも要改善だ。

率直に言って、ハイブリッドとしての新鮮さはやや物足りないところではある。しかし、BMWの走りに惚れ込んだ人の選択肢としては、悪くないバランス。そんな風に言っていいのでは?
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード アクティブハイブリッド5
全長×全幅×全高(mm) 4899×1860×1464
車両重量(kg)1850
エンジン種類直6DOHCターボ+モーター
総排気量(cc)2979
最高出力[ps/rpm]306/5800+55
最大トルク[Nm/rpm] 400/1200-5000+210
Tester/島下泰久  Photo/ビー・エム・ダブリュー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アルファロメオ ジュリア/ステルヴィオ|アルファロメオらしい走りを実現させたスポーツディーゼル(2019/07/04)
【試乗】新型 トヨタ スープラ|3グレード一気乗りで分かったオススメは「SZ-R」(2019/07/04)
【試乗】新型アウディ A6 アバント/セダン|優雅なキャビンと乗り心地はアウディ流のおもてなし(2019/07/01)
【試乗】新型 レクサス RC F│“F”の象徴!限界走行性能の最大限に高めたレクサスのハイパフォーマンス・スポーツカーRC F(2019/06/27)
【試乗】新型レクサス RC│FRクーペ本来の美しさをレクサス独自の感性で大胆かつエレガントに表現!(2019/06/24)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027