新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ランドローバー レンジローバー イヴォーク【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

ランドローバー レンジローバー イヴォーク【ニューモデル試乗】 / navi

(2012/03/28)

レンジローバー史上、最小最軽量で最良燃費

  • レンジローバー イヴォーク 走り|ニューモデル試乗
  • レンジローバー イヴォーク インテリア|ニューモデル試乗
3グレードにはそれぞれ、ピュアはクール&コンテンポラリー、プレステージはラグジュアリィ、ダイナミックはスポーティというデザインテーマを設定
2008年のデトロイトショーでLRXコンセプトとして発表されたモデルが、ほぼそのままのデザインでデビューした。

ボディはコンセプトカーのデザインを色濃く反映させた3ドアのイヴォーク クーぺと、若干高いルーフラインをもつ5ドアのイヴォークの2タイプ。グレードはベーシックなピュアと、装備の充実したプレステージ(5ドア)およびダイナミック(3ドア)が用意される。エンジンは全モデル共通の直列4気筒直噴ターボで240psを発揮。6速ATとの組み合わせによるフルタイム4WDとなる。

レンジローバーを名乗るだけにあらゆる道路状況に対応する「テレインレスポンス」と、急勾配を下るときに自動的に速度をコントロールする「ヒルディセントコントロール」を標準装備。サスペンションは前後ともストラット式コイルスプリングだが、それぞれの上級グレードには車体の動きを毎秒1000回モニタリング制御するアダプティブダイナミクスをオプション装着できる。

SUVスタイルの快適スポーツクーペ

  • レンジローバー イヴォーク インテリア|ニューモデル試乗
  • レンジローバー イヴォーク 走り|ニューモデル試乗
3ドア(クーペ)は5ドアの30万円高。5ドアのピュアが450万円なのに対し3ドアは470万円、プレステージが578万円でダイナミックが598万円となる
まず5ドアのプレステージに乗り込む。アイボリーのオックスフォードレザーシートが室内をより広く見せつつ快適な座り心地も供してくれる。インストデザインは8インチのタッチスクリーンをセンターに据えた未来的なもの。5つのデジタルカメラで外周を確認出来るサラウンドカメラシステムは便利だ。

さて走りだが、アクセルを踏んだ瞬間からその軽快さにうれしくなる。パワーの盛り上がり方と車重やトランスミッションとのバランスが好適なのか、特にテスト車はオプションの20インチホイールが装着されたモデルだっただけに、ちょっとしたスポーツカーを操っているような錯覚を起こしてしまったほど。後席やラゲージは必要十分なスペースが確保されていた。

次に乗ったクーペは、なるほどこれがオリジナルデザインだと思わせるもの。ルーフは30mm低くなるが圧迫感はない。クーペのベースグレードを選んでガンガン乗り倒すのが最もおしゃれかな。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード プレステージ
全長×全幅×全高(mm)4355×1900×1635
車両重量(kg)1760
エンジン種類直4DOHCターボ
総排気量(cc)1998
最高出力[ps/rpm]240/5500
最大トルク[ Nm/rpm]340/1750
車両本体価格578万円
Tester/堀江史朗  Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】マツダ CX-8/CX-5/CX-30│まさかここまでとは! オフロード試乗でわかった、マツダSUVシリーズ真の実力(2020/02/28)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
3
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
4
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
9
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027