新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ CX-5 【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

マツダ CX-5 【ニューモデル試乗】 / navi

(2012/04/05)

剛性感と“しなり”を融合したシャシーに注目

  • マツダ CX-5 走り|ニューモデル試乗
  • マツダ CX-5 インパネ|ニューモデル試乗
マツダが長年培ってきたテクノロジーを再構築し、車に付随するすべてのメカニカル効率を向上させたシステム、それが“スカイアクティブ”。

エンジン、トランスミッション、シャシーなど多岐にわたるこの技術の一部は、すでにデミオやアクセラに盛り込まれていたが、すべてのエレメントを投入したフルスカイアクティブはCX-5が最初となる。なかでも、最も革新的な技術となるのがシャシーだ。

CX-5は、路面からの力をサスペンションで逃がす一方、吸収しきれない振動をシャシーで低減させている。言葉にすると簡単だが、技術的には非常に難しい課題だ。大抵は乗り味に締まりがなくなるか過度にソリッド感が出てしまう。だがCX-5はシャシーにウルトラハイテンという優れた鋼材を使用することで、ドイツ車の剛性感と日本車の“しなり”を絶妙に融合した。このシャシーにより、安心感あるハンドリングも実現している。車高の高い車はサスペンションが突っ張ったように感じる傾向にあるため、安心感を引き出すのは技術的に困難だ。だが、CX-5はしっかりサスペンションをストロークさせることで不安定な動きを抑えている。

落ち着き系のディーゼル、スポーティなガソリン

  • マツダ CX-5 インテリア|ニューモデル試乗
  • マツダ CX-5 エンジン|ニューモデル試乗
ガソリン仕様、ディーゼル仕様とも同じシャシーだが、エンジンによって乗り味は異なる。ガソリン仕様より約100kg重いディーゼル仕様は、落ち着いた乗り心地だ。ディーゼルエンジンは粘りのある低圧縮タイプで、トランスミッションとの相性も良い。一方、ガソリン仕様の乗り味はスポーティ。エンジンのピックアップもビビッドだ。

もうひとつエンジンで注目したいのは、アイドルストップからの再始動性。休止から再始動するまでのスピードは、ガソリン仕様、ディーゼル仕様ともポルシェよりも速いのだ。これはマツダがエンジンの燃焼を良く理解している証拠とも言える。
SPECIFICATIONS
       
主要諸元のグレード 20C 20S XD XD L Package
駆動方式 2WD(FF) 2WD(FF) 4WD 2WD(FF) 4WD 2WD(FF) 4WD
トランスミッション6AT
全長×全幅×全高(mm)4540×1840×1705
ホイールベース(mm)2700
車両重量(kg)1460144015101510161015301620
乗車定員5
エンジン種類直4DOHC直4DOHC直噴ターボ
総排気量(cc)19972188
最高出力【kW(ps)/rpm】114(155)/6000113(154)/6000129(175)/4500
最大トルク【N・m(kg-m)/rpm】196(20.0)/4000195(19.9)/4000420(42.8)/2000
JC08モード燃費(km/L)16.015.618.618.018.618.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/56レギュラー/58.0軽油/56.0軽油/58.0軽油/56.0軽油/58.0
車両本体価格(万円)205.0220.0241.0258.0279.0298.0319.0
Tester/松本英雄  Photo/尾形和美
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027