新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ 86 【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

トヨタ 86 【ニューモデル試乗】 / navi

(2012/04/09)

“意のままのレスポンス”を実現するハイレベルな技術

  • トヨタ 86 走り|ニューモデル試乗
  • トヨタ 86 インパネ|ニューモデル試乗
正直「86(ハチロク)」の完成度がここまで高いとは思っていなかった。 数あるポイントの中でも、特にこの新型FRスポーツで注目した点を記そう。

まずデザイン。タイヤハウスを兼ね、盛り上がったフロントフェンダーはノーズの低さをアピールしている。これはフェラーリ、マセラティー、ジャガーなどの高級FRスポーツカーが採用する手法だ。注目は4つのフェンダーを隆起させたスポーツマインドあふれる躍動的なフォルム。ドライバーが直接、またはミラーを介して4つの“脚”の位置を把握できることは、4輪を手足のように操るスポーツカーのデザインとして必然である。

ペダルのレイアウトにも注目。つま先でブレーキを踏みながらかかとでアクセルを煽る、いわゆるヒール&トゥに最適な配置である。クラッチの切れも良く短いストロークでも確実にシフトチェンジできる。専用のスポーツブレーキパッドを採用する最上級グレードのGTリミテッドは、ブレーキのストロークがリニアで剛性感も高い。スポーツカーの基本に忠実である証だ。

弱オーバーステアで、鋭いコーナリングを実現

  • トヨタ 86 インテリア|ニューモデル試乗
  • トヨタ 86 エンジン|ニューモデル試乗
D-4を投入した水平対向エンジンを一言で評するなら“意のままのレスポンス”。その背景には、各気筒に噴射ノズルを2基(直噴+ポート噴射)備えるハイレベルの燃料噴射制御がある。加速時のパワフルなエンジン音もこの制御が一役買っている。可変バルブタイミングの恩恵も相まって、トルクはフラットで扱いやすい。

乗り心地は215/45R17のスポーツタイヤながらすこぶる良好だ。注目は弱オーバーステアのサスペンションセッティング。フロントが少し柔らかくリアは硬め。つまりブレーキング時に少し前を沈ませリアを動きやすくしているのだ。もちろんアクセルを踏み込めばノーズはわかりやすくインに向く。車の動きを積極的に操れる領域が十分に残されている車だ。
SPECIFICATIONS
       
主要諸元のグレード RC G GT GTリミテッド
駆動方式 FR
トランスミッション6MT6MT6AT6MT6AT6MT6AT
全長×全幅×全高(mm)4240×1775×1300
ホイールベース(mm)2570
車両重量(kg)1190121012301230125012301250
乗車定員4
エンジン種類水平対向4DOHC
総排気量(cc)1998
最高出力【kW(ps)/rpm】147(200)/7000
最大トルク【N・m(kg-m)/rpm】205(20.9)/6400~6600
JC08モード燃費(km/L)13.413.012.812.4
ガソリン種類/容量(L)ハイオク/50
車両本体価格(万円)199.0241.0248.0279.0287.0297.0305.0
Tester/松本英雄  Photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデスAMG GT 4ドアクーペ│スポーツカーのパフォーマンスと快適な移動空間を共存させた走り(2019/10/15)
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027