新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ベントレーコンチネンタルGT/GTC V8【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

ベントレーコンチネンタルGT/GTC V8【ニューモデル試乗】 / navi

(2012/04/11)

環境性能と情感に訴える部分を巧みに両立

  • ベントレーコンチネンタルGT V8 走り|ニューモデル試乗
  • ベントレーコンチネンタルGTC V8 走り|ニューモデル試乗
ダークメッシュグリルやエアインテークを3分割したデザインのロアバンパーなどが12気筒モデルとの違い。"ウイングドB" も赤で差別化
パワートレインは改良キャリーオーバーで、スタイルもほぼ不変。なるほど一流ブランドのフルモデルチェンジは慎重だ、と感心していたら、"本命" の新パワートレイン搭載、とあいなった。

アウディとの共同開発。気筒休止システム付き直噴4L V8ツインターボエンジン+8速オートマチックである。パワースペック的には旧型用W12ツインターボに遜色なく、それでいてCO2排出量はほぼ3分の2に抑えこめた。ダウンサイジング成功。これで"走り" がベントレーらしいなら、もうW12の出番はない、と思ったり…。

しばらくは、W12を併売する。12気筒という記号性を好むユーザーも多く、それはそれで"お金"を取りやすい。というわけで、W12モデルはラグジュアリーサイドを受け持ち、V8モデルでは新たに“ヤング” なスポーツ志向層を獲得したい、というのがベントレーの皮算用。お値段も少し安め。

走りはいたって快活、W12より予想通り軽快

  •  ベントレーコンチネンタルGT V8 インパネ|ニューモデル試乗
  • ベントレーコンチネンタルGT V8 エンジン|ニューモデル試乗
ウッドパネルはダークフィドルバックユーカリプタス(Dark FiddlebackEucalyptus)を採用。センターコンソールもショートタイプとされた
結論からいうと、ボクはもうW12は要らない。確かに12気筒のほうがきめ細かな味わいがあるけれど、V型ほどには官能的に回ってくれない12発にそこまでの思い入れはないし、だったらベントレーは8気筒がお似合いとかなんとか言い張って、12発への欲求は他のブランドで満たすだろう。買えるほどに金持ちであったなら、当然(笑)。まあ、ベントレーもそこが気になっているんだろうなあ。ロールスロイス ゴーストの存在、とか。

走りのほうはといえば、いたって快活、W12より予想通り軽快だった。特に、前アシのさばきに意のまま感が増した。存分にスポーティである。

パワーフィールも申し分ない。ゆるやかに踏み込むと多少、ぽろぽろと雑味が出るが、それもヘルシーさの証拠。それよりも8速クロスレシオATによる小気味のいい加速が嬉しい。ちなみに、気筒休止を感知することはほとんどできなかった。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード GT V8
全長×全幅×全高(mm)4806×1943×1404
車両重量(kg)2295
エンジン種類V8DOHCターボ
総排気量(cc)4000
最高出力[ps/rpm]507/6000
最大トルク[ Nm/rpm]660/1700
Tester/西川淳  Photo/ベントレー モータース ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
keep
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
10
up
【試乗】新型 レクサス RX|静粛性と乗り心地がもう一段向上されたラグジュアリーSUV(2019/11/29)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027