新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ベントレーコンチネンタルGT/GTC V8【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

ベントレーコンチネンタルGT/GTC V8【ニューモデル試乗】 / navi

(2012/04/11)

環境性能と情感に訴える部分を巧みに両立

  • ベントレーコンチネンタルGT V8 走り|ニューモデル試乗
  • ベントレーコンチネンタルGTC V8 走り|ニューモデル試乗
ダークメッシュグリルやエアインテークを3分割したデザインのロアバンパーなどが12気筒モデルとの違い。"ウイングドB" も赤で差別化
パワートレインは改良キャリーオーバーで、スタイルもほぼ不変。なるほど一流ブランドのフルモデルチェンジは慎重だ、と感心していたら、"本命" の新パワートレイン搭載、とあいなった。

アウディとの共同開発。気筒休止システム付き直噴4L V8ツインターボエンジン+8速オートマチックである。パワースペック的には旧型用W12ツインターボに遜色なく、それでいてCO2排出量はほぼ3分の2に抑えこめた。ダウンサイジング成功。これで"走り" がベントレーらしいなら、もうW12の出番はない、と思ったり…。

しばらくは、W12を併売する。12気筒という記号性を好むユーザーも多く、それはそれで"お金"を取りやすい。というわけで、W12モデルはラグジュアリーサイドを受け持ち、V8モデルでは新たに“ヤング” なスポーツ志向層を獲得したい、というのがベントレーの皮算用。お値段も少し安め。

走りはいたって快活、W12より予想通り軽快

  •  ベントレーコンチネンタルGT V8 インパネ|ニューモデル試乗
  • ベントレーコンチネンタルGT V8 エンジン|ニューモデル試乗
ウッドパネルはダークフィドルバックユーカリプタス(Dark FiddlebackEucalyptus)を採用。センターコンソールもショートタイプとされた
結論からいうと、ボクはもうW12は要らない。確かに12気筒のほうがきめ細かな味わいがあるけれど、V型ほどには官能的に回ってくれない12発にそこまでの思い入れはないし、だったらベントレーは8気筒がお似合いとかなんとか言い張って、12発への欲求は他のブランドで満たすだろう。買えるほどに金持ちであったなら、当然(笑)。まあ、ベントレーもそこが気になっているんだろうなあ。ロールスロイス ゴーストの存在、とか。

走りのほうはといえば、いたって快活、W12より予想通り軽快だった。特に、前アシのさばきに意のまま感が増した。存分にスポーティである。

パワーフィールも申し分ない。ゆるやかに踏み込むと多少、ぽろぽろと雑味が出るが、それもヘルシーさの証拠。それよりも8速クロスレシオATによる小気味のいい加速が嬉しい。ちなみに、気筒休止を感知することはほとんどできなかった。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード GT V8
全長×全幅×全高(mm)4806×1943×1404
車両重量(kg)2295
エンジン種類V8DOHCターボ
総排気量(cc)4000
最高出力[ps/rpm]507/6000
最大トルク[ Nm/rpm]660/1700
Tester/西川淳  Photo/ベントレー モータース ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スバル レヴォーグ (プロトタイプ)|タイヤをしっかり路面に接地させる走りと自動運転を見据えたEyeSight X(2020/10/28)
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027