新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マクラーレンMP4-12C【海外試乗】 / navi

クルマニュース

マクラーレンMP4-12C【海外試乗】 / navi

(2012/05/11)

最新テクノロジーのオンパレード

  • マクラーレン MP4-12C 走り|ニューモデル試乗
  • マクラーレン MP4-12C リアスタイル|ニューモデル試乗
7速デュアルクラッチ(SSG)とアダプティブダンパーを、走行状況に応じてノーマル/スポーツ/トラックの3段階に設定できるADPを採用
F1トップチームのマクラーレンがいよいよ量産スポーツカーに本格参入する。その第1弾モデル「MP4-12C」は、まさに最新テクノロジーのオンパレードと言うべき驚愕の内容を誇る。

車体の基本骨格にはF1と同様に軽量・高強度なCFRP製バスタブ「カーボンモノセル」が使われ、前後サスペンションやエンジンが搭載されるアルミ製フレームはこれと一体成形されている。

ミッドマウントされるエンジンは、軽量コンパクトなV型8気筒3.8Lツインターボ。最高出力600ps、最大トルク600Nmの強大なパワーは、7速デュアルクラッチギアボックスを介して後輪へ伝達される。サスペンションからはアンチロールバーが廃され、代わりに4輪のダンパーを連関させたプロアクティブシャシーコントロールを装備。LSDも備わらずブレーキステアを搭載するなど、全身にF1由来の独創の技術を満載した。

乱れぬ姿勢はまるで手品のよう

  •  マクラーレン MP4-12C エンジン|ニューモデル試乗
  • マクラーレン MP4-12C インパネ|ニューモデル試乗
軽量化によりエンジン重量は199㎏に抑えられた。高回転になるほど迫力のサウンドを奏でるスポーツエグゾーストもオプションで用意
なにしろ600psのミッドシップである。身構えるなというのは無理な相談だが、いざ走り出すと、快適な乗り心地に緊張が和らいだ。アンチロールバーで規制していない分、アシの動きがしなやかなのだ。おかげで路面追従性は抜群。カーボン製の強固なボディと相まって、縁石を踏み越えても姿勢はまるで乱れない。まるで手品のように。

コーナリングもきわめてソリッド。サスペンションの位置決めが正確無比で、挙動すべてがダイレクト。600psのミッドシップにもかかわらず、立ち上がりで全開にしてスライドを楽しむ余裕すらあった。こんな走りの一体感、初めてである。

気がかりだったエンジンも8500rpmまで一気に回り、ターボのネガはなし。ブレーキも強力だ。 ひけらかしのためでなく、心から走りを楽しみたいと望む真のスポーツカーフリークに乗ってほしい1台。自分でもいつか絶対手に入れたい!
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード MP4-12C
全長×全幅×全高(mm) 4509×1908×1199
車両重量(kg)1336
エンジン種類V8 DOHCターボ
総排気量(cc)3799
最高出力[ps/rpm]600/7000
最大トルク[Nm/rpm] 600/3000-7000
車両本体価格2790万円
Tester/島下泰久  Photo/マクラーレン・オートモーティブ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
【試乗】ポルシェ 911 カレラ4S|高出力&ラグジュアリーに進む911に安定感をもたらす存在(2020/10/02)
【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化(2020/09/30)
【Car as Art !】BMW M550i xDrive Ultimate Edition(2020/09/25)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027