新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ポルシェボクスター【海外試乗】 / navi

クルマニュース

ポルシェボクスター【海外試乗】 / navi

(2012/05/18)

さらにロー&ワイドでインパクト大

  • ポルシェボクスター 走り|ニューモデル試乗
  • ポルシェボクスター リアスタイル|ニューモデル試乗
アイドリングストップやエネルギー回生システムなども備わり燃費は最大15%向上。0→100㎞/h加速(PDK)はボクスターが5.7秒、Sが5秒となる
これまでと同じく911とパーツの約50%を共用する新型ボクスター。先に登場した新型911と同じく、ボディはサイズ拡大を最小限に抑えながらホイールベースとトレッドを拡大する一方、約47%のアルミ化を筆頭に軽量素材をふんだんに採用することで最大35㎏の軽量化を達成した。

ボクスターはエンジンを2.9Lから2.7Lへとダウンサイジングしながら、直噴化などにより最高出力は10psアップの265psを獲得。ボクスターSは従来通りの3.4L直噴で、5ps増の315psを得ている。ギアボックスは6速MTと7速PDK。アイドリングストップや、PDK仕様にはDレンジでのアクセルオフで惰性走行して燃費を稼ぐコースティング機能も備わる。

パワーステアリングは電動式だ。ソフトトップはロックも含めてフル電動化された。新しいルーフ機構の採用で、開閉所要時間は25%減の9秒に短縮されている。

本当の驚きはその走りに

  • ポルシェボクスター インパネ|ニューモデル試乗
  • ポルシェボクスター シート|ニューモデル試乗
広くなった室内には新トレンドの傾斜したセンターコンソールを配置。3連丸型メーターには4.6インチカラーモニターが備わった
まずは外見のインパクトが大きい新型ボクスター。よりロー&ワイドになったプロポーション、精悍さを強調する各部の特徴的なディテールによって、迫力と洗練度がグッと増している。

しかし本当の驚きは走りにある。剛性感に満ちたボディとしなやかなサスペンションのおかげで、車体は常にフラットに。乗り心地は素晴らしいの一言だ。ハンドリングも絶品。前輪の接地感が向上して、ミッドシップらしく自分を中心にくるりと向きが変わる快感に一層磨きがかけられている。すべてが手足の延長線上。そんな走りなのだ。エンジンは2.7Lの澄んだフィーリングが気に入ったが、余裕が欲しければ3.4Lもいい。これはもう好みで選べばいいだろう。

見た目も走りも格段にレベルアップしたボクスター。その衝撃の大きさは個人的には911以上のものだった。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード BOXSTER
全長×全幅×全高(mm) 4374×1801×1282
車両重量(kg)1340
エンジン種類水平対向6DOHC
総排気量(cc)2706
最高出力[ps/rpm]265/6700
最大トルク[Nm/rpm] 280/4500-6500
Tester/島下泰久  Photo/ポルシェ ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027