新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アウディA1スポーツバック 【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

アウディA1スポーツバック 【ニューモデル試乗】 / navi

(2012/07/05)

単なる“A1 5ドア”ではない

  • アウディA1スポーツバック 走り|ニューモデル試乗
  • アウディA1スポーツバック リアスタイル|ニューモデル試乗
3ドアではルーフアーチにボディと異なる色が選択できたが、5ドアではさらにルーフやスポイラーまで選べるコントラストルーフを用意
昨年、アウディのエントリーモデルとして登場したA1に新たな仲間として加わったのはA1スポーツバック。5ドア、そして5人乗りのA1である。とは言っても、単にドア枚数を増やしただけではない。居住性向上のためにルーフは後方に約80㎜延ばされており、リアウインドウの傾斜も緩められている。全高が6㎜増えているのはルーフ形状の違いによるものだが、全幅が5㎜広がっているのは、実はドアノブの位置が変わったためだ。

メカニズムは基本的にA1と同様。パワートレインは最高出力122psの1.4TFSIユニットと7速S-トロニックの組み合わせだ。スタートストップシステムやエネルギー回生システムも搭載される。

従来は3ドアだけだったA1。日本市場ではこのスポーツバック、まさに待望のモデルと言えるだろう。狙いは30〜40代の生活にこだわりを持つファミリー層だという。

生活の“質”を向上させるコンパクトカー

  •  アウディA1スポーツバック インパネ|ニューモデル試乗
  • アウディA1スポーツバック ラゲージ|ニューモデル試乗
6.5インチTFTディスプレイをダッシュボード上に配置。エンターテインメント機能などを統合制御するMMI3G Plusも標準とする
率直に言えば、スタイリングはやはり3ドアのほうがトンガっている。けれど直接見比べるのでもない限りは、こちらも存在感は十分以上である。後席は広々とまでは言えないが、このクルマを求める人には、多分大きな問題ではないだろう。それより注目は後席が3人掛けとされたこと。実はドア数以上に使い勝手に効くはずだ。

A1のデビューから1年半の間に熟成が進んだらしく、走りは全体にしっとりと上質感が増している。それでいてフットワークの小気味良さはそのまま。エンジンにも扱いやすさだけでなく回す楽しみがあって、街中でも軽快感を満喫できる。

ドアが増えたと言っても、実用性では容量自慢の日本のライバルには敵わない。けれどデザインで、走りで、生活の質を上げてくれるという意味では、これ以上のコンパクトカーはないのでは?日本のユーザーには、きっとウケるに違いない。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード 1.4 TFSI
全長×全幅×全高(mm) 3970×1745×1440
車両重量(kg)1220
エンジン種類直4DOHCターボ
総排気量(cc)1389
最高出力[ps/rpm]122/5000
最大トルク[Nm/rpm] 200/1500-4000
車両本体価格293万円
Tester/島下泰久  Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLCクーペ|力強い体躯を軽快にコントロールする新エンジン(2020/02/27)
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
down
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
7
keep
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
9
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027