新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW 6シリーズ グランクーペ 【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

BMW 6シリーズ グランクーペ 【ニューモデル試乗】 / navi

(2012/07/30)

スポーツ&ラグジュアリィの新境地

  • BMW 6シリーズ グランクーペ 走り|ニューモデル試乗
  • BMW 6シリーズ グランクーペ リアスタイル|ニューモデル試乗
駆動系を統合制御し好みに合わせ、ECO PROモード含む、5パターンの走りが選べるドライビング・パフォーマンス・コントロールを標準装備
BMWよお前もか、というよりも、やっと出てきたか、だろう。背の低い、いわゆる4ドアクーペ流行りはメルセデスがCLSでブームに火をつけたが、本当は伝統的にクーペ造りの上手いビーエムが先にやっていてもおかしくなかった。

6シリーズ2ドアクーペのホイールベースを115㎜延伸して4ドアとした。ヘッドライトやリアランプは共通も、前後バンパーデザインが異なる。メカニズム的にはクーペ&カブリオレで既にお馴染みのものばかり。今回は試乗車の用意がなかったけれども、650i用4.4L V8ツインターボエンジンがバルブトロニック付きの最新仕様となり、さらなる高性能と高効率を目指した点が新しい。

成人男性が無理なく過ごせる空間が後席にはあった。面白いことに、左右独立タイプの後席ながらセンターにシートベルトとクッションがある。合法的に5人乗りも可、というわけだ。

2ドアより乗りやすいが、硬派は硬派

  •  BMW 6シリーズ グランクーペ インパネ|ニューモデル試乗
  • BMW 6シリーズ グランクーペ シート|ニューモデル試乗
4+1シートとしてデザインされた室内はホイールベース延長で後席空間が広くなった。内外装をカスタマイズできるBMW Individualを用意する
先に言っておくと、後席のまん中はウルトラエマージェンシーである。左右のシートは十分快適で200㎞くらいのドライブなら嫌にならないはず。すっぽりと包まれた感じがいい。

640iで十分にパワフルだ。アクセルペダルを踏み込めば、ダン! とトルクが全身に漲る。暴力的ではないから、気持ちよく踏んでいける。このあたり、全面ターボ化をめざすBMWが、自然吸気の素直な気持ち良さに未練があるようにも思えた。

インテグレイテッドアクティブステアリングの熟成も進んだ。ホイールベースが長くなったこともあって、2ドアモデルよりも格段にカドの取れた、まろやかなドライブフィールである。とはいえ、同門比較でそう、というだけで、絶対的に見れば、全体的に乗り味は硬質な方だろう。それが、ビーエムの新たなスポーツフィーリングであり、ラグジュアリィプランということだと思う。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード 640i
全長×全幅×全高(mm) 5010×1895×1390
車両重量(kg)1860
エンジン種類直6DOHC+TURBO
総排気量(cc)2979
最高出力[ps/rpm]320/5800
最大トルク[Nm/rpm] 450/1300-4500
車両本体価格986万円
Tester/西川淳  Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】ボルボ 新型XC40リチャージプラグインハイブリッド T5 インスクリプション|電動化戦略第1弾における最後の1台が登場(2020/11/29)
美力を上げたモダンスポーツ JAGUAR F-TYPE CONVERTIBLE【Car as Art !】(2020/11/21)
【試乗】レクサス 新型LCコンバーチブル|待望のオープンが登場。優雅でエレガントな佇まいと走りが魅力(2020/11/18)
【試乗】アウディ 新型e-tronスポーツバック|満を持して日本のプレミアム電気自動車市場に登場したアウディのピュアEV(2020/11/17)
【試乗】新型 メルセデスベンツ GLS|長距離、大雨で真価を発揮したフラグシップSUV(2020/11/12)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027