新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ カローラアクシオ/ フィールダー【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

トヨタ カローラアクシオ/ フィールダー【ニューモデル試乗】 / navi

(2012/08/02)

CVTとのマッチングが絶妙な1.5Lエンジン

  • トヨタ カローラアクシオ/フィールダー(1.5L車) 走り|ニューモデル試乗
  • トヨタ カローラアクシオ/フィールダー(1.5L車) インパネ|ニューモデル試乗
新型カローラはコンパクトなプラットフォームを用い日本での使い勝手を考慮したボディサイズがポイント。アクシオは堂々としたセダンらしいフォルムにこだわり、ワゴンのフィールダーは基本フォルムをセダンと共有しながら若者向きの欧州車テイストを盛り込んだ。

1.3Lと1.5Lを搭載するアクシオは、乗り味の面でシニア層に対するアピールが読み取れる。要は、いなしが利いた乗り味だ。外乱(風や路面の凹凸)に対し大きくステアリングを取られることなくジワリとソフトに対応する。1.5Lと1.8Lのフィールダーは、スポーティなハンドリングが持ち味。重めのステアリングはしっかり感があってドライブの楽しさを演出する。

アイドリングストップはまだ改良の余地あり!?

  • トヨタ カローラアクシオ/フィールダー(1.5L車) フロント|ニューモデル試乗
  • トヨタ カローラアクシオ/フィールダー(1.5L車) スマートストップ|ニューモデル試乗
両モデルに搭載される1.5Lエンジンは、現行の1NZ-FE1.5Lユニットをリファインしたもの。これにアイドリングストップ機能を追加し、燃費とドライバビリティを向上したという。このエンジンとCVTの相性はすこぶる良い。エンジンのトルクが希薄な部分をすかさずCVTのギア比で稼ぎ出し、エンジンに負担をかけずに理想の燃焼状態へ誘う。実用回転領域(1500~3000rpm)では不愉快な音は聞こえない。この辺りを使って走れば疲れも軽いだろう。しかし3500回転以上ではノイズが気になる。特にアクシオはクォーターパネルの構造上、ノイズが耳に残る。一方、フィールダーのノイズはアクシオほど悪くはない。同じマフラーを使用しながら車体構造によって感じ方に違いが出ることがよくわかる。

気になったのはアイドリングストップ機能。再始動時間が思った以上に長く、マツダのi-stopに劣る。エアコン使用時にアイドリングが止まると、すぐにエアコンの送風が止まってしまう。大衆のご意見番を唸らせてきたトヨタなら、もう少し納得のいく仕様ができるはずだが…。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード アクシオ 1.5G アクシオ 1.5ラグゼール フィールダー 1.5X フィールダー 1.5G
エアロツアラー
全長×全幅×全高(mm)4360×1695×14604360×1695×1475
車両重量(kg)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)1496
最高出力[ps/rpm]80(109)/6000
最大トルク[ Nm/rpm]136(13.9)/4800
車両本体価格137.7万~208.9万円153.2万~212.0万円
Tester/松本英雄  Photo/尾形和美
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
【新型】BMW X5|プレミアムSUVの先駆者が4代目へと進化(2019/09/26)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027