新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4 【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4 【ニューモデル試乗】 / navi

(2012/08/03)

スーパースター、完全武装完了!

  • ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4 走り|ニューモデル試乗
  • ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4 リアスタイル|ニューモデル試乗
カーボン繊維強化樹脂のフルモノコックボディを採用、タブとルーフから構成される乗員セルは147.5kg。前後サブフレームにはアルミを用いた
ムルシエラゴに代わるランボルギーニの新フラッグシップ。昨年の9月に最初の個体が日本上陸を果たして早10ヵ月。それでもいまだ、街中はおろかスーパーカーイベントでさえ、ほとんど見かけることはない。とはいえ、納車は順調に進んでいるようだ。地震の影響も、さほどなかった。

全面刷新である。それこそ、エンブレム以外、すべて新しくなった。エンジン、ミッション、シャシー、ボディ、そしてデザイン。最大の注目は、CFRPを使ったボディ&キャビン構造と、エコ対策などどこ吹く風にこだわりぬいた6.5L V12自然吸気エンジンだ。この両者、実は表裏一体で、ランボルギーニとしてはエンジンをエコ対策で堕落させたくない反面、車両全体を軽量設計することで、CO2を2割減らした、と主張する。

ミッションは2ペダルシングルクラッチタイプの進化版。今秋にはロードスターがデビューする。

街中からサーキットまで、超万能

  •  ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4 インパネ|ニューモデル試乗
  • ランボルギーニ アヴェンタドール LP700-4 エンジン|ニューモデル試乗
パワーウェイトレシオ2.25kg/ps、0→100㎞/h加速2.9秒、最高速350㎞/h。7速セミATのISRの最速シフト時間は0.05秒を誇る
新車からもうかれこれ5000㎞は乗った。いろいろ気づく点もあるけれど、集約すれば、速い!硬い!乗りやすい!(牛だけに)、となる。

某誌で計測してみたら、ゼロヨン何と10秒台。しかも、ローンチコントロール付きだから、クルマと場所さえあれば誰でも出せるタイム。速すぎ。次に、硬い。ボディが硬いし、アシ回りもプッシュロッドで硬い。特に前はよく跳ねる。けれども、それは日本の高速域くらいまでの話で、200㎞/hを超えると、何とも言えぬ境地になる。250㎞/hからの加速は、素晴らしく安定しており、車体の動きもまるで別物。これが、カーボンボディの実力。

そして最後に、乗りやすい。これまたカーボンボディのおかげ。とにかく、人と車の一体感がすさまじい。クルマの大きさをそれほど意識しないですむから、まるでガヤルドのように狭い路地にも入っていける。気を遣わない。そこが凄い!
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード AVENTADOR LP700-4
全長×全幅×全高(mm) 4780×2030×1136
車両重量(kg)1575
エンジン種類V12DOHC
総排気量(cc)6498
最高出力[ps/rpm]700/8250
最大トルク[Nm/rpm] 690/5500
車両本体価格4100.25万円
Tester/西川淳  Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデスAMG GT 4ドアクーペ│スポーツカーのパフォーマンスと快適な移動空間を共存させた走り(2019/10/15)
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027