新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン パサート オールトラック 【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン パサート オールトラック 【ニューモデル試乗】 / navi

(2012/08/08)

VWのお得な"オールロード"なんだけど…

  • フォルクスワーゲン パサート オールトラック 走り|ニューモデル試乗
  • フォルクスワーゲン パサート オールトラック リアスタイル|ニューモデル試乗
レーダーで前方の障害物を検知、注意を促すプリクラッシュブレーキシステムを採用。30㎞/h未満では自動でブレーキも作動させる
昨年のモデルチェンジを機に、パワートレインが1.4TSIの前輪駆動に一本化されたパサート。待望のAWDは、オールトラックを名乗る別モデルとして登場することとなった。

特徴的なのは外観だ。ボディにはステンレス製アンダーガード付きのバンパーや樹脂製のホイールアーチなどオフロードを意識させるアイテムが追加され、地上高も30㎜増の160㎜にまで引き上げられている。一方、インテリアにはナパレザーのスポーツシートやウッドトリムを設定。高級感あるブラウンの内装色も用意される。

パワートレインは2L TSIユニットと6速DSG、そしてフルタイムAWDシステムの組み合わせ。電子制御式デフロックのXDSや、ヒルディセントアシストを含む各種設定を一括で変更するOFFROADスイッチも装備する。プリクラッシュブレーキなど安全装備の充実ぶりも光るところだ。

見た目の上質感に快適性が伴わず

  •  フォルクスワーゲン パサート オールトラック インパネ|ニューモデル試乗
  • フォルクスワーゲン パサート オールトラック ラゲージ|ニューモデル試乗
燃費などを表示するマルチファンクションインジケーターはカラーで見やすくなった。ラゲージ容量は588〜1716Lとされる
内外装は存在感もクオリティ感もあってイイ感じ。この部分では「一番上のパサート」が欲しい人にも十分ササるものになっていると思う。

2L TSIユニットを得たものの、車重もヴァリアント比200kg増となるだけに、むしろ発進時などは反応が鈍い。一方でクルージング時は加速の際はやはり余裕が増したと感じる。それより難点は乗り心地だ。市街地から高速域まで当たりが硬くゴツゴツする。地上高を上げたのはいいが、うまくそれをセットアップできていない。あるいはコレ、モビリティタイヤのせいかもしれない。サイズも18インチは大きすぎる。

オフロード性能は試せなかったが、SUV並みの充実した機能はソノ気にさせる。日常域のハンドリングも良い。さらに言えば見た目も価格も結構魅力的なだけに、今どきらしからぬ乗り心地が返す返すも残念だ。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード 2.0TSI
全長×全幅×全高(mm) 4785×1820×1560
車両重量(kg)1670
エンジン種類直4DOHC+TURBO
総排気量(cc)1984
最高出力[ps/rpm]211/5300-6200
最大トルク[Nm/rpm] 280/1700-5200
車両本体価格494万円
Tester/島下泰久  Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027