新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン ポロ ブルーGT 【海外試乗】 / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン ポロ ブルーGT 【海外試乗】 / navi

(2012/08/10)

新しいVWポロのテーマは"ほそマッチョ"

  • フォルクスワーゲン ポロ ブルーGT 走り|ニューモデル試乗
  • フォルクスワーゲン ポロ ブルーGT リアスタイル|ニューモデル試乗
車高が15㎜下げられアンダーボディに特別なトリムを装着することで空力性能を向上。GTIのリアバンパーを備えるなどスポーティな仕立て
ポロGTIとポロTSIハイラインのすき間を埋めるべくして誕生したポロ ブルーGTは、新開発のアルミブロック1.4L 直4ターボエンジンを搭載した。このエンジン、フォルクスワーゲンのお家芸であるダウンサイジングコンセプトを採用するのは当然のことながら、同社初の気筒休止システム「ACT(アクティブシリンダーマネジメント)」をあわせて導入。

これは巡航時などに4気筒中2つのシリンダーを休止させることで燃焼効率を改善するもの。作動領域は欧州ドライビングモードで約70%をカバー、燃費(欧州複合モード)は4.5L/100km(DSG)という。その効果は著しく、新型は140psを発揮するにもかかわらず、現行型の1.2Lエンジン(105ps)を20%以上も上回る省燃費性能を手に入れている。

日本導入は2013年前半を予定。価格は270万円前後と予想される。

休止の振動は"さざ波程度"

  •  フォルクスワーゲン ポロ ブルーGT インパネ|ニューモデル試乗
  • フォルクスワーゲン ポロ ブルーGT シート|ニューモデル試乗
ACTの作動状況やタイヤ空気圧警告などを表示するマルチファンクションディスプレイを採用。スポーツシートを備えた室内は黒基調でまとめられた
注目の的は気筒休止システムがどれだけ滑らかに作動するか? というところ。結論から先に言ってしまうと、目を皿のようにして観察していない限り、4気筒から2気筒の移行は観取できないだろうというものであった。

60㎞/h程度で走行中にスロットルを抜くと瞬時に2気筒モードとなり、瞬間的にトルクが目減りしたように感じられる。しかし、エンジンマネージメントが直ちに不足分を補うほか、振動もノイズも4気筒モードとほとんど変わらないため、大多数のドライバーはそうとは気づかないはず。いっぽう、高速で2気筒モードになると"さざ波程度"の振動を感じるが、これもほとんど気にならないレベル。

ソフトな乗り心地は上々、しかもハンドリングは重厚感あふれるもので、ポロの魅力は一層磨かれたと言っていい。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード BlueGT
全長×全幅×全高(mm) 4064×1682×1462
車両重量(kg)1216
エンジン種類直4DOHC+TURBO
総排気量(cc)1395
最高出力[ps/rpm]140/5600
最大トルク[Nm/rpm] 220/1500-3500
Tester/大谷達也  Photo/フォルクスワーゲン グループ ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027