新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW M6 【海外試乗】 / navi

クルマニュース

BMW M6 【海外試乗】 / navi

(2012/08/20)

高性能シリーズであっても、ダウンサイジング

  • BMW M6クーペ 走り|ニューモデル試乗
  • BMW M6カブリオレ 走り|ニューモデル試乗
エンジンの高効率化に加えアイドリングストップ機構やエネルギー回生システムを採用。旧型比で最大トルクを30%、燃費を30%以上向上させている
6シリーズの最高峰、新型M6のデリバリーが日本でも始まった。まずはカブリオレからで、秋にはクーペ、来年にはM6グランクーペも登場する。M社の攻勢はこれに留まらず、Mパフォーマンスという新シリーズを投入するなど、世界的に好調なセールスを背景に、さらなる躍進を目指す。

M6の心臓部は、M5と同様、従来の5L V10NAに代えて、4.4L 直噴V8 ツインターボ+7速MDCT(デュアルクラッチシステム)という(一応)ダウンサイジングパワートレインを積む。性能と燃費の向上を両立した、というわけだ。

見た目のデザインも、従来型に比べれば、はるかに猛々しい。大きく口を開けたフロントエプロン、膨らんだ前フェンダーやサイドシル、粋なリアスポイラーに迫力のディフューザー、そして左右4本出しのマフラー、と、スタンダード6シリーズとはまるで違うオーラを発散している。

非エンスーだけど、より速くより逞しくより快適に

  •  BMW M6クーペ リアスタイル|ニューモデル試乗
  • BMW M6クーペ インパネ|ニューモデル試乗
フルカラーのヘッドアップディスプレイを標準化、エンジン回転数やシフトタイミングなどを表示する。インテリアも専用装備でスポーティな仕立てに
日本への本格導入を前にスペインで試乗した。まずはオプションの20インチで足元をキメた、カーボンコンポジットブレーキ付きのクーペでサーキットを目指す。ひと言で言って、素晴らしいGTだ。しかも速いし、完成度が高い。けれども、ぐぐっと車好きの心に迫るものが少ない。スペシャルな気分に浸れないのは最新AMGと同じ。

サーキットでは、一転、操って楽しいスポーツカーに変身だ。フロントのさばきはクイックで頼もしく、リアは面白いように流れ出す。電子制御が至れり尽せりなので、意図的に"遊び"を見せたほうがそれらしい、ということなのだろうか…。

帰りはカブリオレだった。こちらの足元は19インチでスタンダード。サスチューンも独自で、オープン時の力抜けも手伝ってか、乗り心地はかなりマイルド。デートカーにも使える。V8サウンドも大迫力で、こちらもAMGっぽかったり。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード M6 Coupe
全長×全幅×全高(mm) 4905×1900×1375
車両重量(kg)1910
エンジン種類V8DOHC+TURBO
総排気量(cc)4394
最高出力[ps/rpm]560/6000
最大トルク[Nm/rpm] 680/1500-5750
車両本体価格1695万円
Tester/西川淳  Photo/ビー・エム・ダブリュー
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027