新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ N BOX+ 【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

ホンダ N BOX+ 【ニューモデル試乗】 / navi

(2012/08/30)

ホンダの技術が惜しみなく注がれた軽自動車の傑作

  • ホンダ N BOX+/N BOXカスタム 走り|ニューモデル試乗
  • ホンダ N BOX+/N BOXカスタム サイド|ニューモデル試乗
標準、カスタム共にターボパッケージには左右パワースライドドアが標準装備。Lパッケージは左側のみ標準となる
なりは小さくとも中はゆったり。乗り心地の良さと利便性を考慮したN BOX。それに大きな物も手軽に運べる便利さを付加したのがN BOX+である。

軽最大級のヘッドクリアランスをもち、荷室のドアは大きく開く。それでは通常、ボディ剛性が脆弱になる。また、ドアが縦長だと、歪みが生じてペナペナ感が出てしまう。しかし乗り込んでドアを閉めた瞬間、「これは違うかもしれない」という予感がした。

その予感は当たっていた。シッカリしている。乗り心地がソフトですこぶる良い。路面からの凹凸を速やかに吸収するのは、サスペンションが良く動いている証拠だ。これはボディ剛性が高い証拠でもある。軽自動車の乗り心地が悪いのは、シャシーにコストをかけられないからである。だがN BOXは基本骨格に新しい素材を使い、乗用車以上にコストをかけて剛性を向上させた。先行販売したN BOXが売れて、さぞやホッとしているだろう。

エンジンとCVTの絶妙なマッチングで街中も快適

  • ホンダ N BOX+/N BOXカスタム フロント|ニューモデル試乗
  • ホンダ N BOX+/N BOXカスタム アクセサリー|ニューモデル試乗
好評のカスタムも用意される。ただし2トーンカラースタイルの設定は無し。車中泊できるN BOX+の魅力を最大限に生かすアクセサリーも豊富
何よりホンダらしさを感じたのは、エンジンとトランスミッションの相乗効果による運転のしやすさ。特に、ターボモデルは素晴らしい。カタログ上の燃費はNAに劣るが、実際はターボも同じくらいかそれ以上に燃費を良くできる素質がある。ターボ車は、街中の運転に最も重要なトルクがリッターカー以上にあるからだ。NAとCVTの組み合わせも非常に良い。エンジン回転を上げずにCVTでトルクを作り、静粛性を考えながらスムーズに走らせる。街中を走るのに適したエンジンとCVTの制御はとても考えられている。

エントリーモデルにもてる技術を惜しみなく投入したホンダ。世界に真似のできない素晴らしいモノ作りを見ることができた。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレードN BOX+GN BOX+G
Lパッケージ
N BOX+G
ターボパッケージ
N BOX+カスタム G
ターボパッケージ
駆動方式FF4WDFF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×17803395×1475×18003395×1475×17803395×1475×1800
車両重量(kg)980104010101060
エンジン種類直3DOHC直3DOHC+ターボ
総排気量(cc)658
最高出力[ps/rpm]43(58)/730047(64)/6000
最大トルク[Nm/rpm]65(6.6)/3500104(10.6)/2600
車両本体価格135万円158万円159万円187万円
Tester/松本英雄  Photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
“ザ・上質モデル”の6シリーズGTで、東京→京都間を500km走って分かったこと。(2018/08/24)
DS新時代を切り開く、フラッグシップSUV『DS 7 CROSSBACK』誕生(2018/08/18)
軽バン市場に変革をもたらす1台! それがホンダ N-VANだ!(2018/08/16)
ただの若者向けラインと思うなかれ。BMWの挑戦が詰まったX2に乗った。(2018/08/13)
メルセデス・ベンツ新型G-Classが脅威のオンロード性能を備えて誕生! デザイン、力強さ、乗り心地……神っている。(2018/08/12)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027