新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ボルボ V40 【海外試乗】 / navi

クルマニュース

ボルボ V40 【海外試乗】 / navi

(2012/09/12)

新世代ボルボの魅力を手頃なサイズに集約!

  • ボルボ V40  走り|ニューモデル試乗
  • ボルボ V40  リアスタイル|ニューモデル試乗
最新ボルボの特徴をコンパクトにパッケージングしたという"5ドアハッチバック"。往年のクーペモデル、P1800がデザインモチーフだ
アウディA3スポーツバックやBMW1シリーズの好調で盛り上がるプレミアムコンパクトカー市場に、ボルボが送り込むブランニューモデルがV40である。4369㎜×1802㎜×1445㎜というスリーサイズは、まさに1シリーズとほぼ同等。Vの名の通りハッチバックというよりスポーツワゴン的なフォルムの5ドアのみが用意される。

パワーユニットのラインナップはS60/V60と基本的に共通。日本向けには最高出力180㎰の1.6ℓ直噴ターボエンジンに、パワーシフトと呼ばれる6速DCTの組み合わせが導入されそうだ。

先進安全装備が充実しているのは、クラスを問わないボルボのセールスポイント。一番のトピックは、世界初の歩行者用エアバッグの設定だ。事故の際にボンネットをポップアップさせ、フロントガラスからAピラー周辺にエアバッグを展開。歩行者の頭部衝突を防ぐのである。

"選ぶ理由"を十分に備えた実力派

  •  ボルボ V40  インパネ|ニューモデル試乗
  • ボルボ V40  歩行者用エアバッグ|ニューモデル試乗
メーター回りは液晶パネルを採用。エレガンス/エコ/パフォーマンスというコンセプトで、照明の色やメーター類の配置を変更する
まず好印象なのがスタイリング。ロングルーフのフォルムは情感にあふれ、またアイデンティティも随所に感じさせて、なかなか存在感がある。インテリアもクオリティは上々。温もり感ある風合いがボルボらしい。

180㎰のエンジンはパワフルで、山道でも十分楽しめた。むしろ、もっと実用トルク寄りの設定でもいいぐらいだ。フットワークはS60/V60よりさらに進化した印象。スムーズなターンインが気 持ち良い。ただし、こちらも試乗車のスポーツシャシー+18インチタイヤより、もっとおとなしい仕様で良いと感じた。

デザイン、クオリティ、そして走りのレベルは高く、進化版のシティセーフティも備わるなど、このV40、価格次第ではあるが、この市場における魅力的な選択肢となり得る資質は十分。来年の日本導入が待ち遠しい一台だ。
SPECIFICATIONS
主要諸元のグレード T4
全長×全幅×全高(mm) 4369×1802×1445
車両重量(kg)1474
エンジン種類直4DOHCターボ
総排気量(cc)1596
最高出力[ps/rpm]180/5700
最大トルク[Nm/rpm] 240/1600-5000
Tester/島下泰久  Photo/ボルボ・カーズ・ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 アルファロメオ ジュリア/ステルヴィオ|アルファロメオらしい走りを実現させたスポーツディーゼル(2019/07/04)
【試乗】新型 トヨタ スープラ|3グレード一気乗りで分かったオススメは「SZ-R」(2019/07/04)
【試乗】新型アウディ A6 アバント/セダン|優雅なキャビンと乗り心地はアウディ流のおもてなし(2019/07/01)
【試乗】新型 レクサス RC F│“F”の象徴!限界走行性能の最大限に高めたレクサスのハイパフォーマンス・スポーツカーRC F(2019/06/27)
【試乗】新型レクサス RC│FRクーペ本来の美しさをレクサス独自の感性で大胆かつエレガントに表現!(2019/06/24)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027