新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧トヨタ オーリス 【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

トヨタ オーリス 【ニューモデル試乗】 / navi

(2012/10/03)

王者ゴルフに立ち向かうトヨタの本気度

  • トヨタ オーリス 走り|ニューモデル試乗
  • トヨタ オーリス リアスタイル|ニューモデル試乗
フロントグリルからヘッドライトに向けて描かれるVゾーンはカローラシリーズのアイデンティティ
H18年に登場したオーリスが初めてのフルモデルチェンジを受けた。生まれ変わったデザインが、日本のみならず欧州のCセグメントで勝負しようとする意気込みを感じさせる。日本で展開されるのは2WDが3タイプ、4WDが1タイプの計4タイプ。今回試乗したモデルは4WDを除く3車種だ。

乗り込んですぐに内装の見せ方が上手だと気づく。平面的なインストルメントパネルは欧州車に倣っているが、日本車ならではの高級感をわかりやすく表現している。中でもステッチ処理はクラスを超えるレベル。特に本革張り仕様(Sパッケージにメーカーオプション設定)はいい雰囲気だ。

ドアは軽めで質感に乏しいものの、剛性感の高さは徐行速度で段差を超えただけでもわかる。5ドアの弱点というべきリアハッチの剛性も申し分ない。硬めの乗り心地といわれたRS(6速MTのホットモデル)でもトヨタ流の“いなし”が効いている。シフトフィールがすこぶる良く、MTの醍醐味を存分に味わえる。

理にかなったボディ剛性の高さとサスペンションの選択

  • トヨタ オーリス インパネ|ニューモデル試乗
  • トヨタ オーリス パノラマルーフ|ニューモデル試乗
インパネはブラックメタル調(写真)とカーボン調(RSに標準)、S Packageにオプション設定される本革調の3種。メーターはS Packageのみ2眼(他は3眼)
トヨタはFF車のリアサスペンションに高価なウイッシュボーン形式を積極的に使用している。高いレベルの乗り心地と走行性能を求めた場合、それらを最適化しやすい構造をもつウイッシュボーンが有利だからだ。だが、サスペンションの性能を生かすも殺すもボディ剛性次第。その意味で、オーリスのボディ剛性の高さとサスペンションの選択は理にかなっている。バランス的には1.5Lエンジン搭載の150Xで十分。CVTとエンジンの統合制御も上手く静粛性も高い。アイドリング中でもエンジンが停止していると思ったほどだ。これは隙間という隙間を極力小さくした(工場の作業員泣かせの)ボディ設計の賜物なのだ。

シャシー剛性の向上、コスト度外視のサスペンション形式は、欧州車(特にVW系)に挑戦した新しい日本車を体感できる。
SPECIFICATIONS
グレード150X150X Sパッケージ180GRS Sパッケージ
駆動方式FF4WDFF
トランスミッションCVT6MT
全長×全幅×全高(mm)4275×1760×14604275×1760×14804275×1760×1460
ホイールベース(mm)2600
車両重量(kg)1220130012801270
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC
総排気量(cc)14961797
最高出力[kW(ps)rpm]80(108)/600077(105)/6000105(143)/6200106(144)/6200
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]136(13.9)/4800135(13.8)/4400173(17.6)/4000180(18.4)/3800
JC08モード燃費(km/L)18.216.416.014.4
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/50プレミアム/50
車両本体価格(万円)179.0216.9206.0225.0
Tester/松本英雄  Photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027