新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ CR-Z 【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

ホンダ CR-Z 【ニューモデル試乗】 / navi

(2012/11/07)

いたずらなパワーアップにとどまらず、走りの質も向上

  • ホンダ CR-Z 走り|ニューモデル試乗
  • ホンダ CR-Z PLUS SPORTS ボタン|ニューモデル試乗
“S+”とデザインされているPLUS SPORTSシステムのボタン。走行中にボタンを押しアクセルを少し踏み足せば、モーターアシストを最大化し力強い加速が得られる
今回のマイナーチェンジは、外観よりも見えない部分で大幅な改良が行われていた。エンジンは摩擦低減とクランクシャフトの素材を見直すことで高回転化を図り、6psアップを実現。これにより元来スムーズなエンジンに厚みが増し、高級感が感じられるようになった。

またハイブリッドのバッテリーをニッケル水素からリチウムイオンに変更し、出力を従来よりも4割以上も向上させている。この恩恵は大きく、ステアリングに付けられたボタンを押すだけで、3Lエンジン並みのトルクを発生させるPLUS SPORTシステムの採用も可能にした。このシステムよる力強い加速は、MT仕様で体感するにはそれなりのテクニックがいるが、CVT仕様では瞬時に驚きの加速を体感できる。

偏平率の高いタイヤでも乗り心地はすこぶる良好

  • ホンダ CR-Z シート|ニューモデル試乗
  • ホンダ CR-Z エンジン|ニューモデル試乗
ブラック×レッドのコンビシートは新グレードの専用装備
シャーシはその出力に十分対応する高い剛性をもち、サスペンションの性能もしっかり引き出している。17インチで偏平率45という、薄く幅の広いタイヤでも乗り心地はすこぶる良い。スタビライザーとダンパーを変更したというが、実際にはバネも含めたゴムブッシュもチューニングされているのではないかと思われる。路面への追従性は抜群で、“ねっとり”と安定感のあるリアのセッティングは高速コーナーでも安心感がある。それでいて俊敏な動きにもしっかり反応する。

デザインは大きな変更はないが、ボディのプレス金型を再調整することによって、細かなプレスラインが忠実に再現されている。またガラスをギュッとはめ込んだフロントスクリーンの形状は、Aピラーを細く見せスタイリッシュにするだけでなく、ボディ剛性の向上にも一役買っている。この手法を量産車の単一モデルに採用するのは非常にまれだ。価格は最上級モデルでも263万円。これだけの大人っぽくクラスレスなモデルとしてはバーゲンプライスだ。
SPECIFICATIONS
グレードβαα Master Label
駆動方式FF
トランスミッションCVT6MTCVT6MTCVT6MT
全長×全幅×全高(mm)4075×1740×1395
ホイールベース(mm)2435
車両重量(kg)117011401160114011701140
乗車定員(人)4
エンジン種類直4SOHC+モーター
総排気量(cc)1496
最高出力[kW(ps)rpm]87(118)/6600
+15(20)/2000
88(120)/6600
+15(20)/2000
87(118)/6600
+15(20)/2000
88(120)/6600
+15(20)/2000
87(118)/6600
+15(20)/2000
88(120)/6600
+15(20)/2000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]144(14.7)/4800
+78(8.0)/1000
145(14.8)/4800
+78(8.0)/1000
144(14.7)/4800
+78(8.0)/1000
145(14.8)/4800
+78(8.0)/1000
144(14.7)/4800
+78(8.0)/1000
145(14.8)/4800
+78(8.0)/1000
JC08モード燃費(km/L)23.020.623.020.621.619.4
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/40
車両本体価格(万円)236.5257.5263.0
Tester/松本英雄  Photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
ぶつかるー! と心で叫んでもジェントルに停止するトヨタの先進安全機能『Toyota Safety Sense』第2世代(2018/06/18)
新型カローラハッチバック(プロトタイプ)がすごい!走りもデザインもスポーティに磨かれた!(2018/06/17)
クラウン(プロトタイプ)がお披露目されました! 先進装備はもちろん優れた走りと洗練されたデザインへと進化しました!!(2018/06/17)
ロードスターRF(プロトタイプ)は、見た目は変わらずも中身は全く違う車になった!(2018/06/16)
間違いなく史上最強! キープコンセプトながら中身は刷新された3代目カイエン(2018/05/11)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027