新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧レクサス LS 【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

レクサス LS 【ニューモデル試乗】 / navi

(2012/11/29)

上質な乗り心地を生むFスポーツの専用エアサスペンション

  • レクサス LS 走り|ニューモデル試乗
  • レクサス LS リアビュー|ニューモデル試乗
レクサスブランドの新しいデザインである「スピンドルグリル」を採用。リアコンビネーションランプの形状も刷新された
レクサスのフラッグシップモデルとしてH18年に発表されたLS460。ハイブリッド仕様のLS600h/600hLは8カ月後に登場した。それから6年がたち、満を持してのマイナーチェンジが行われた。注目は、ラグジュアリーな雰囲気にプラスして、パーソナルなドライビングカーとしての色を濃くしたF SPORTだ。今回は新たに導入されたこのグレードをメインにお伝えしたい。

外観ではマイナーチェンジとは思えないほどボディパネルに大幅な変更が加えられている。ロングノーズに見せる引き締まったエンジンフードは、見切り感覚をつかみやすい。低く構えたフロントフェンダーは、当世風かつシャープに見せる演出である。トランクパネルはテールランプのスポーティな意匠にマッチした造形になった。ダッシュパネルなどの内装は、レクサスのアイデンティティーを取り入れた水平基調でまとめられている。

乗り込んでまず気づくのは、シートがとても良くなっていることだ。座面ストロークを見直し、シートの詰め物も従来とは別物。ホールド性も良い。走り出すと一層その良さがわかる。エンジンは基本的に大きな変更はないものの、組み付け精度が上がり極めてスムーズ。エンジン音を体感できるサウンドジェネレーターも適度に利いている。

特筆すべき上質なサスペンションフィール

  • レクサス LS インテリア|ニューモデル試乗
  • レクサス LS ホイール|ニューモデル試乗
内装色は7色、シート素材は4種類を用意。写真はF SPORT専用素材を使ったメローホワイト
特筆すべきはシャーシ剛性の向上ゆえに得られる上質なサスペンションフィールである。F SPORTは「コンフォート」、「ノーマル」、「スポーツプラス」のモードを選択できる10㎜ローダウンのエアサスペンションが搭載されるが、「コンフォート」は不要と思えるほどベースの乗り心地が良い。

ステアリングの取り回しは機敏で安心感があり、車が小さく感じられるほど。また標準装備のトルセンLSDの利きも抜群で、アクセルワークだけで容易にターンインさせることができる。
SPECIFICATIONS
グレードLS460LS600h F SPORTLS600hL エグゼクティブパッケージ
駆動方式FR4WD
トランスミッション8ATCVT
全長×全幅×全高(mm)5090×1875×14655210×1875×1475
ホイールベース(mm)29703090
車両重量(kg)194022702370
乗車定員(人)5
エンジン種類V8DOHCV8DOHC+モーター
総排気量(cc)46084968
最高出力[kW(ps)rpm]288(392)/6400290(394)/6400+165(224)
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]500(51.0)/4100520(53.0)/4000+300(30.6)
JC08モード燃費(km/L)8.411.6
ガソリン種類/容量(L)プレミアム/84
車両本体価格(万円)830.01230.01550.0
Tester/松本英雄  Photo/奥隅圭之
クリックでタグの選択
最新ニュース
ぶつかるー! と心で叫んでもジェントルに停止するトヨタの先進安全機能『Toyota Safety Sense』第2世代(2018/06/18)
新型カローラハッチバック(プロトタイプ)がすごい!走りもデザインもスポーティに磨かれた!(2018/06/17)
クラウン(プロトタイプ)がお披露目されました! 先進装備はもちろん優れた走りと洗練されたデザインへと進化しました!!(2018/06/17)
ロードスターRF(プロトタイプ)は、見た目は変わらずも中身は全く違う車になった!(2018/06/16)
間違いなく史上最強! キープコンセプトながら中身は刷新された3代目カイエン(2018/05/11)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027