新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧三菱 アウトランダー (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

三菱 アウトランダー (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

(2012/12/13)

懐の深いプラットフォームの恩恵を十分に味わえる乗り心地

  • 三菱 アウトランダー 走り |ニューモデル試乗
  • 三菱 アウトランダー リア|ニューモデル試乗
フロント同様、リアデザインも左右のコンビランプを連結させた“一文字グラフィック”となる
プラットフォームは先代同様、FFベースでありながら本格的な4輪駆動でも耐えられるGSプラットフォームだ。これをリファインし、サスペンションの剛性を向上させて質の高いしなやかなセッティングとした。その背景には、アウトランダーを先代より高級なモデルへ育てようという三菱の戦略がある。

旧ダイムラー・クライスラーと共同で作ったGSプラットフォームは、4輪駆動の本家本元クライスラー ジープでも採用しているだけに、世界で戦える素質を備えている。その恩恵はサスペンションのしなやかさに現れる。重心を高くすると乗り心地を良好に保つのが難しい。シャキっとさせると操縦安定性は図れるが乗り心地がスポイルされてしまう。この難問をアウトランダーは上手に処理している。

力強さがやや希薄な2.4Lエンジン

  • 三菱 アウトランダー 衝突被害軽減ブレーキシステム|ニューモデル試乗
  • 三菱 アウトランダー ラゲージ|ニューモデル試乗
「衝突被害軽減ブレーキシステム」や「車線逸脱警報システム」などを含む安全技術e-Assist(イーアシスト)を採用
乗用車からSUVまで網羅したプラットフォームの懐の深さを感じる一方で、問題はエンジンだ。2.4Lのエンジンとは思えないほどトルクが希薄である。燃費向上によるセッティングの影響だが、CVTとのマッチングを改良したとはいえ2.4Lエンジンらしい力強さは感じられなかった。

デザインは曲面をメインにした張りのあるプレス成型で塊感を演出。プレミアム系モデルのデザインには、塊から削り出したような雰囲気が不可欠である。また平面を使ったデザインより曲面を多用したほうが強度が図られ軽量化にも一役買うという利点もある。プレスラインに必要以上の抑揚をつけないのは飽きさせない手法。

内装もシンプルでありながらソフトパッドを使い質感向上に努めている。内装は先代よりも“大人”な味付けだ。例えばシート。グローバル戦略カーだけあって、座面のストロークが十分あり心地よい。スイッチ類も扱いやすい。グローバルを意識した高級感が三菱なりに演出されていて好感がもてるポイントだ。
SPECIFICATIONS
グレード20G24G Safety Package24G Navi Package
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4655×1800×1680
ホイールベース(mm)2670
車両重量(kg)144015201530
乗車定員(人)7
エンジン種類直4SOHC
総排気量(cc)19982359
最高出力[kW(ps)rpm]110(150)/6000124(169)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]190(19.4)/4200220(22.4)/4200
JC08モード燃費(km/L)15.214.4
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/63レギュラー/60
車両本体価格(万円)242.7278.7310.0
Tester/松本英雄  Photo/尾形和美
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
5
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
8
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
9
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
10
down
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027