新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ホンダ N-ONE (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

ホンダ N-ONE (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

(2012/12/11)

「走り」も「作り」も軽のクラスを超えた良品

  • ホンダ N-ONE | ニューモデル試乗
  • ホンダ N-ONE 走り|ニューモデル試乗
標準(右)とプレミアム(左)では、フロントグリル形状が異なるほか、メッキモールの有無で差別化。ターボ仕様はグレード名に「ツアラー」が付く
良質なプラットフォームを使った派生車種には、乗って良し、触れて良し、価格良し、と三拍子揃ったモデルが多い。どうやらN BOXの派生車種であるN-ONEも、そんな1台になりそうだ。

見た目は、往年の名車『N360』のモチーフを随所に散りばめたとのこと。確かにフロントの雰囲気は少し似ているが、注目すべき点は質感の高さにある。廉価な大衆車にはほとんど採用されることのないレーザー溶接を重要な部分に用い、見た目と実質的な剛性を作り出している。質感で特に目を引くのはヘッドライトとリアライトのアッセンブリー(組み付け)の良さ。これだけ奥行き感のある作りはこのクラスでは唯一と言える。

また、フロントのドアを閉めた印象もビシッとしており2クラス上の質感である。内装はフィットよりもシンプルで飽きのこないデザインだ。スイッチ類の操作性も作りもかなり良い。特にシフトレバーの剛性感が安っぽくない。室内はタイトな印象。限られた車内を広く見せる、という今までの方式とは違ったコンセプトで一体感を醸し出す。

走りの質を求めるならターボがオススメ

  • ホンダ N-ONE リアコンビランプ|ニューモデル試乗
  • ホンダ N-ONE インテリア|ニューモデル試乗
特徴的なデザインのリアコンビランプ。急ブレーキ時にハザードを点滅させるエマージェンシーストップシグナルを標準装備
ドライビングはスポーティな雰囲気で楽しい。NAとターボモデルがあるのはN BOXと同じだが走りは全く別物。NA、ターボともにサスペンションをしっかり動かすセッティングで、キビキビと走らせる楽しさが味わえる。リアサスペンションに両後輪の安定感を約束するド・ディオンアクスルを使うところがエンジニアリングのホンダらしい。

特にターボモデルは静粛性も優れていて街中から高速までストレスはない。高速道路や広い国道などを頻繁に使うなら、NAで床一杯までアクセルを踏みつけるより、パワーに余裕のあるターボのほうが結果的に低燃費なのかもしれない。
SPECIFICATIONS
グレードGツアラープレミアムプレミアムツアラーLパッケージ2トーンカラースタイル
駆動方式FF4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)3395×1475×16103395×1475×1630
ホイールベース(mm)2520
車両重量(kg)840850900920
乗車定員(人)4
エンジン種類直3DOHC直3DOHC+ターボ直3DOHC直3DOHC+ターボ
総排気量(cc)658
最高出力[kW(ps)rpm]43(58)/730047(64)/600043(58)/730047(64)/6000
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]65(6.6)/3500104(10.6)/260065(6.6)/3500104(10.6)/2600
JC08モード燃費(km/L)27.023.225.020.8
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/35レギュラー/30
車両本体価格(万円)115.0123.0148.0170.775
Tester/松本英雄  Photo/尾形和美、奥隅圭之
クリックでタグの選択
最新ニュース
クロカンに現代的解釈を加えた、実にモダンなオフローダー LAND ROVER DEFENDER 110 S【Car as Art !】(2020/10/26)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLB|見た目も走りもマッチョなプレミアムSUV(2020/10/25)
【試乗】新型ランドローバー ディフェンダー|600万円程度でも安いと感じる乗り心地と質感の良さが印象的(2020/10/10)
【試乗】アウディ A6|2L 4気筒エンジンながらゆとりすら感じさせるラグジュアリーモデル(2020/10/08)
【試乗】ポルシェ 911 カレラ4S|高出力&ラグジュアリーに進む911に安定感をもたらす存在(2020/10/02)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027