新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル フォレスター (松本英雄)【ニューモデル 試乗】 / navi

クルマニュース

スバル フォレスター (松本英雄)【ニューモデル 試乗】 / navi

(2012/12/26)

スバル フォレスター | ニューモデル試乗

電動アシスト制御のステアリングフィールが抜群

エンジニアリングのウエイトが大きい、理にかなったデザイン

メインマーケットである北米の土地柄に合わせて先代(3代目)に比べ車体が大きくなったが、デザインでシャープに見せているところに苦労が感じられる。またエンジニアリングのウエイトが大きい、つまり理にかなったデザインでもある。

フロントガラスを挟むAピラーは外からも内からも細く見せるのが流行だが、フォレスターのそれは運転席から見ると実際は細いのに外から見た以上に太く感じられる。これはフロントウインドウにピラーが映り込まないようにしたためだという。

またワイドになった分、できる限り見切りを良くするために、ボンネットに稜線を際立たせているのも良い。本質を取るスバルらしい手法である。またサイドシル(フロア側のドア枠)とフロアの段差が減ったため乗り降りしやすい。

エンジンは2LのNAと直噴ターボの2種類。NAは先代同様のユニットだが、CVTのセッティングが変更されたことによりパワー不足が解消している。むしろ静かでスムーズな印象。防音効果を見直した結果と言える。

サスペンションも硬さと柔らかさが融合し、角の取れた乗り心地だ。ボディリア側の剛性が向上した結果だろう。これはテールゲートの開け閉めでも体感できる。

17インチ仕様のNAはマッチングが良好

NAと17インチアルミとのマッチングは良好だ(2.0i-Lと2.0i-Lアイサイトに標準装備)。ターボ仕様はレガシィ同様のDIT直噴ターボを搭載する。NAに比べスポーティに仕上がっており、高速では引き締まったサスペンションとの相性が抜群だ。

DITとCVTの統合制御は、北米などの高地向け重負荷に対応したヘビーデューティ仕様となっている。

NAとターボともに、電動アシスト制御のステアリングフィールが抜群だ。切りはじめがソフトな感触は、滑りやすい路面で走るときや高速走行時に調整しやすい。加えて街中では、老若男女誰もが扱いやすい。

乗り降りするときに足がボディに当たらず衣服が汚れないクリーンサイドシルを採用

乗り降りするときに足がボディに当たらず衣服が汚れないクリーンサイドシルを採用

2.0i-Lと2.0i-Lアイサイトに標準装備される17インチアルミホイール。タイヤサイズは225/60R17

2.0i-Lと2.0i-Lアイサイトに標準装備される17インチアルミホイール。タイヤサイズは225/60R17

2.0i-Sアイサイトに標準装備されるパワーリアゲート。リアハッチの開度を設定できるメモリー機能が付いている

2.0i-Sアイサイトに標準装備されるパワーリアゲート。リアハッチの開度を設定できるメモリー機能が付いている

SPECIFICATIONS
グレード2.0i2.0i-L EyeSight2.0XT EyeSight
駆動方式4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4595×1795×1695
ホイールベース(mm)2640
車両重量(kg)147014801590
乗車定員(人)5
エンジン種類水平対向4DOHC水平対向4DOHC+ターボ
総排気量(cc)19951998
最高出力[kW(ps)rpm]109(148)/6200206(280)/5700
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]196(20.0)/4200350(35.7)/2000-5600
JC08モード燃費(km/L)14.415.213.2
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/60プレミアム/60
車両本体価格(万円)208.95250.95293.685
Tester/松本英雄 Photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
5
down
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
7
down
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
8
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027