新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧スバル インプレッサ XV (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

スバル インプレッサ XV (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/01/08)

スバル インプレッサ XV | ニューモデル試乗

ファッショナブルな見た目に反し性能は本格派

スバルの真骨頂、車高のマジック

最新インプレッサXVはスバルの真骨頂といえるモデルである。何が真骨頂なのかと聞かれれば、それは車高のマジックということになる。車高を下げてカッコ良くしたモデルはよく見るが、車高を上げてもカッコ良くできるのはスバルならではだろう。

加えてこのXVは、とてもファッショナブルである。以前にビームスとのコラボでインプレッサやアウトバックをリリースしているが、そういったノウハウも生かされているようだ。

また、最低地上高を一般的なSUVレベルの200mmとしながらルーフレールなしなら立体駐車場に入れるのも、都市圏で使う人にとっては気持ち的に楽だ。

絶妙セッティングで安定性と乗り心地を両立

一般的に車は車高を上げると乗り心地が悪くなる。それを解消すべくサスペンションのストロークを大きくすると走行に不安定さが生じる。逆に不安定な要素を少なくさせるためにストロークを抑制すると突っ張ったような感じになる。

だがXVは程よい硬さで乗り心地を犠牲にしていない。路面からの突き上げもまるで欧州車のようにいなしてくれる。この乗り心地を実現するまでにスバルは相当苦労してきたことと思う。聞けばアウトバーンでもコロラドでも実証済みのセッティングとのこと。しかもカジュアルな見た目に反して、4WDは世界的に評価の高い本格派というのもオーナーシップをくすぐる点だ。

新世代の水平対向2LユニットはNAのみだが不足はない。高速から市街地まで300kmほど走ったが、燃費は約13km/L。実質燃費としたら優秀だ。この燃費はCVTとエンジンの制御のたまものである。

運転席からの見切りも良く女性でも首を亀のように突き出さなくてもストレスなくドライブできる。内装の質感も新生インプレッサからグッと良くなっている。シートはホールドが良く微振動を吸収してくれるので疲れが出にくい。

前後タイヤハウスを縁取るフェンダー~リアバンパーの下回りまでが黒の樹脂で覆われSUVらしい力強さが際立っている

前後タイヤハウスを縁取るフェンダー~リアバンパーの下回りまでが黒の樹脂で覆われSUVらしい力強さが際立っている

全グレード、パドルシフト付き本革巻きステアリングを標準装備。シートはブラックのファブリックが標準だが、本革シートもメーカーオプションで用意される

全グレード、パドルシフト付き本革巻きステアリングを標準装備。シートはブラックのファブリックが標準だが、本革シートもメーカーオプションで用意される

印象的なデザインの17インチアルミホイールは全グレードに標準装備

印象的なデザインの17インチアルミホイールは全グレードに標準装備

もはやスバルの代名詞となりつつあるアイサイト付きグレードも設定されている

もはやスバルの代名詞となりつつあるアイサイト付きグレードも設定されている

SPECIFICATIONS
グレード2.0i2.0i-L2.0i-L EyeSight
駆動方式4WD
トランスミッションCVT
全長×全幅×全高(mm)4450×1780×1550(ルーフレール無し)
ホイールベース(mm)2640
車両重量(kg)13801390
乗車定員(人)5
エンジン種類水平対向4DOHC
総排気量(cc)1995
最高出力[kW(ps)rpm]110(150)/6200
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]196(20.0)/4200
JC08モード燃費(km/L)15.8
ガソリン種類/容量(L) 無鉛レギュラーガソリン/60  
車両本体価格(万円)219.45236.25246.75
Tester/松本英雄 Photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027