新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧アウディ Sモデル (菊谷聡)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

アウディ Sモデル (菊谷聡)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/01/21)

アウディ Sモデル|ニューモデル試乗

ワガママの意味を「楽しけりゃ燃費が悪かろうが環境を汚染しようが関係ねえ」と解釈するならば、Sモデルは社会適合性の高い優等生だからしてワガママ度は低い。そして自身をより知的に見せたいという人にオススメ。その代わり運転は紳士的に。これ絶対条件

Sモデルから学ぶ正しい車の作り方

磨き上げた基本性能、軽快さ、エフィシエンシー

アウディの強さとは? それを知りたければ、Sモデルをじっくり観察すると良い。

軽く1000万円オーバーの値札を掲げながらも、他を威圧するような押し出しの強さや悪人面は持ち合わせていない。それでもSモデルは、思わず足を止め見入ってしまうほどの存在感を放っている。その凄みにも似た空気感は、なにからもたらされるのだろうか。

磨き上げられた基本性能。ありきたりの言葉だが、アウディの開発陣はツボを心得ている。どうすれば思いどおりに動くのか。どうすれば運動性能と快適性を両立できるのか。たとえばトップアスリート。鍛え抜かれた肉体と体幹のバランスは、ビジネススーツに身を包んでいたとしても、その「凄さ」が佇まいや微少な身のこなしから伝わってくる。つまりそういうことだ。

アウディの強さはSモデルを見れば分かる

なにしろ軽快。Sモデルは、アウディの軽量化技術“ultra”とはこういうものか…を味わわせてくれる。トルクベクタリングやスポーツディファレンシャルが出しゃばることなく、かつ効果的に本領を発揮し、クワトロシステムとの絶妙なコンビネーションでサーキットにおいても楽しく振り回すことができる。S6はとくにそのキャラが際立つ。S7スポーツバックにはしなやかさが加わり、大人のスポーツカー然としている。超越したハイクオリティを誇るS8はA4クラスのスポーツモデルを操っていると錯覚するほど軽快で、その限界領域は筆者レベルでは覗くことすら不可能。じつは、3車には3様のキャラが備わっているのだ。

そしてエフィシエンシー。クルージング時には8気筒の半分を休ませ(シリンダーオンデマンドシステム)、エココンシャスな走りを実現する。これも、ル・マン24時間レースからフィードバックされた技術だというから、アウディが謳う「技術による先進」は伊達ではない。

スピーカーから逆位相の音を発しノイズを低減させるアクティブノイズキャンセレーションを採用

スピーカーから逆位相の音を発しノイズを低減させるアクティブノイズキャンセレーションを採用

3モデル共に4.0TFSIを搭載するが、S6とS7は420ps/550Nm、S8のみ520ps/650Nmとされた

3モデル共に4.0TFSIを搭載するが、S6とS7は420ps/550Nm、S8のみ520ps/650Nmとされた

パーシャルロード域で4気筒を休止させるシリンダーオンデマンド。メーター内にも状態が表示される

パーシャルロード域で4気筒を休止させるシリンダーオンデマンド。メーター内にも状態が表示される

SPECIFICATIONS
グレードS6
駆動方式4WD
トランスミッション7DCT
全長×全幅×全高(mm)4930×1875×1445
ホイールベース(mm)2910
車両重量(kg)2020
乗車定員(人)5
エンジン種類V8DOHCターボ
総排気量(cc)3992
最高出力[ps/pm]420/5500-6400
最大トルク[N・m/rpm]550/1400-5200
JC08モード燃費(km/L)9.6
車両本体価格(万円)1180
Tester/菊谷聡 Photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【Car as Art !】BMW M550i xDrive Ultimate Edition(2020/09/25)
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports(2020/08/26)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027