新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧シトロエン DS5 ハイブリッド4 (南陽一浩)【海外試乗】 / navi

クルマニュース

シトロエン DS5 ハイブリッド4 (南陽一浩)【海外試乗】 / navi

(2013/01/24)

シトロエンDS5ハイブリッド4|ニューモデル試乗

無色透明な和式ハイブリッドや高価過ぎるドイツ・サルーン系のそれは論外という、アンチ・ハイブリッド派のお父さんに。目を見張る燃費ではないが軽油なので、最終的には安いはず。ビッグ・シトロエンと思うとアシがやや物足りないが、ミドル・シトロエンの新味と思えば、満足いく1台

「ハイブリッド性善説」に背を向けたシトロエン

6速セミATがクリープする

2013年以降、日本導入が取り沙汰されるDS5ハイブリッド4に、パリ近郊で試乗した。

驚くことに、C4でお馴染みの6速セミATがクリープする。バッテリーが空でもオルタネーターがリアの車軸に電気を常時供給するため、発進時にモーターでクリープするのだ。加速感も滑らかで、トルコンAT慣れした身にムチ打つ変速ショックはない。燃費のためハイギアード化されていることと、非ハイブリッド比+180kgとなる車重も相まって、0-100m加速は8.9秒かかる。

それでもDS5ハイブリッド4は「遅い」と思わせない。バッテリー&モーターの制御が「電気をためない方向」というか、有休をバンバン使うフランス人のような気前のよさなのだ。市街地で50km/h以下の加速でも、モーターが積極的に介入する(バッテリー残量はどんどん減る)。燃費貢献とCO2カットを狙った制御だろうが、結果的に巡航スピードにのせるためなら手数を惜しまない働きぶりだ。

和式ハイブリッドの黒子ぶりとは対照的

その分、右足を浮かせた時の回生は強く、高速道路を80kmも走ればバッテリーの目盛りはほぼフル。だが走行モードをスポーツにすると、低いギアを選びつつモーターの介入はさらに積極的になる。高速道路の合流加速で後輪の蹴り上げが感じられるほど、ここぞの時にモーターが主張して、和式ハイブリッドの黒子ぶりとは対照的。バッテリー・フル状態からEVモードで走れた距離は、街中で約3km程度だった。

惜しむらくは、約12km/Lだった燃費のことよりも、やや硬い足回り。プラットフォーム2でDセグ並みの走り味を得たとはいえ、DSシリーズのハイエンドなら、あのハイドロの柔らかい乗り心地が似つかわしい気もする。価格は4万ユーロ強より。日本では500万円弱ぐらいか。

外観上でハイブリッドであることを示すのは、前輪フェンダーとリアハッチ上のバッジのみ

外観上でハイブリッドであることを示すのは、前輪フェンダーとリアハッチ上のバッジのみ

モーターとバッテリーをマルチリンク・サスで抱え込んだリア車軸モジュールが特徴

モーターとバッテリーをマルチリンク・サスで抱え込んだリア車軸モジュールが特徴

右はドライブトレインの作動状況表示、左はエコモード、パワーモードを示すレブカウンター

右はドライブトレインの作動状況表示、左はエコモード、パワーモードを示すレブカウンター

SPECIFICATIONS
グレード DS5 HYBRID4
駆動方式4WD
トランスミッション6SCT
全長×全幅×全高(mm)4530×1871×1513
ホイールベース(mm)2727
車両重量(kg)1660
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHCターボ+モーター
総排気量(cc)1997
最高出力[ps/pm]163/3850+37
最大トルク[N・m/rpm]300/1750-3500+200
Tester/南陽一浩 Photo/南陽一浩
クリックでタグの選択
最新ニュース
新型ステップワゴンは、スポーツハイブリッド導入で速くて快適なミニバンへと進化した(2017/11/19)
新型アウディ A5は、ゆとりを持って優雅に乗るのが似合う(2017/11/11)
トヨタ ハイラックスが、走破性と乗り心地に磨きをかけて日本に帰ってきた!(2017/11/10)
マイナーチェンジでターボが追加されたハリアー。スポーティかつ安定感のある走りが実現(2017/11/05)
まるでハイドロのような穏やかな乗り心地のシトロエン C3(2017/11/02)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027