新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ CLS シューティングブレーク (岡崎五朗)【海外試乗】 / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ CLS シューティングブレーク (岡崎五朗)【海外試乗】 / navi

(2013/01/28)

メルセデス・ベンツ CLS シューティングブレーク|ニューモデル試乗

積むための機能を徹底的に追求したわけではないが、それでもセダンにはないユーティリティを備えているのは事実。それでいて美しさは並みのセダンを軽く凌ぐ。ファミリーユース時の使い勝手にも気を遣いつつ、一人の男としての時間を大切にする人に勧めたい

右脳に語りかけるもっとも美しきメルセデス

目指したのは羨望

「 美しさを追求したステーションワゴンなど果たして必要なのか? そんな批判もきっと出るでしょう。しかしCLSシューティングブレークが目指したのは“利便性”ではなく“羨望”なのです」

メルセデスというと、とかく堅物メーカーと思われがちだが、実は彼らほど人間の本質を深く理解しているメーカーはない。安全性や環境性能に深くコミットする一方、超高級車や大排気量エンジンを搭載した高性能モデルも送り出し続けているのは、人間の欲望にも深くコミットしているからこそ。CLSシューティングブレークもまた、美しく贅沢なクルマに乗りたいという人間の欲望に応えるべく送り出されたモデルだ。

しっとり穏やか、オトナの走り

落ち込んだルーフラインや傾斜の強いDピラーを見れば明らかなように、CLSをベースに車体後部をリ・デザインしたボディは、荷室容量よりも美しさに主眼を置いたもの。CLSと比べれば荷室は広く、後席のヘッドルームも増したが、大量の荷物を積み込むとなるとEクラスステーションワゴンのほうが使い勝手は良い。

しかし、冒頭で紹介した開発者のコメントからもわかるように、CLSシューティングブレークの持ち味は利便性ではなく、優雅なデザインや妖艶な雰囲気。端的に言えば、CLSと比べてどちらが便利かではなく、どちらがカッコいいと思うか、という観点で選ぶべき車なのである。結果は個人の判断次第だが、僕としては初代と比べてやや保守的になってしまっている現行CLSよりも、シューティングブレークに強い吸引力を感じた。

リアサスに車高調整機能をもつダンパーを採用していることと、CLS550が4MATICになる点を除けばハードウェアはCLSと同じ。快適性とパフォーマンスを高いレベルで両立した走向性能は健在だ。

フロントマスクはクーぺを踏襲。71個のLEDを使ったLEDハイパフォーマンスヘッドライトが特徴的

フロントマスクはクーぺを踏襲。71個のLEDを使ったLEDハイパフォーマンスヘッドライトが特徴的

インテリアデザインはクーぺと同様。室内空間が広がり、後席は2座から3座仕様に変更されている

インテリアデザインはクーぺと同様。室内空間が広がり、後席は2座から3座仕様に変更されている

550は従来の5.5Lからダウンサイジングされた最新4.7Lを搭載。350は306psの3.5L V6を積む

550は従来の5.5Lからダウンサイジングされた最新4.7Lを搭載。350は306psの3.5L V6を積む

SPECIFICATIONS
グレード CLS550 4MATIC BlueEFFICENCY Shooting Brake
駆動方式4WD
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)4970×1880×1420
ホイールベース(mm)2875
車両重量(kg)2030
乗車定員(人)5
エンジン種類V8DOHCターボ
総排気量(cc)4663
最高出力[ps/rpm]408/5000-5750
最大トルク[N・m/rpm]600/1600-4750
JC08モード燃費(km/L)9.4
車両本体価格(万円)1240
Tester/岡崎五朗 Photo/メルセデス・ベンツ日本
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型メルセデス・ベンツ GLA|コンパクトSUVの2代目はよりスタイリッシュに、より高機能に進化(2020/09/30)
【Car as Art !】BMW M550i xDrive Ultimate Edition(2020/09/25)
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027