新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ベントレー コンチネンタルGTスピード (西川淳)【海外試乗】 / navi

クルマニュース

ベントレー コンチネンタルGTスピード (西川淳)【海外試乗】 / navi

(2013/02/01)

ベントレー コンチネンタルGTスピード | ニューモデル試乗

本来、この手の車はグレードで乗るんじゃなくて、自分で色や仕様、スペックを決めて乗るもの(ビスポーク)。だから、この車を本当に我儘に仕立てる最後のツメは、常に“貴方”の手に委ねられている。自分のセンスに自信のある方に

その乗り味“大陸横断用個室新幹線”

空気を切る音は、まさに新幹線のソレ

アウトバーンに入った途端、追い越し車線で全開を試みた。

“速さ”を実感する前に、速度計が250km/hオーバーを指す。そこまで、ウルトラ安定。恐怖感など、みじんもない。空気を切る音は、まさに新幹線のソレ、だ。

ベントレーのコンチネンタルといえば、その昔、イギリスの貴族が大陸をかっ飛ぶために生まれたような車。だから、こうしてアウトバーンをぶっ飛ばすことが“正しい使い道”なのだけれども、最近の速度無制限区間は昔ほど礼儀正しくなく、追い越し車線には常にチョロチョロ、どんくさい車が出てくる。

結局、ミュンヘンの高速では、GTスピードが目標とした330km/hはおろか、以前フランクフルト近郊で旧型GTスピードを駆って記録したメーター読み300km/hオーバーさえ叶わず歯ぎしりしたものの、250km/h前後の安定感を思い出と比べてみれば、新型の方が圧倒的に“安心”だった。300km/hオーバークルーズは、楽勝だろう。すべては床下のエアロダイナミクスを慎重に再開発した結果である。

ゆったり泰然と走ることもまた、楽しい

そんなパフォーマンスを頭の中で描きつつ、ゆったり泰然と走ることもまた、楽しい。まさに“金持ち&力持ちケンカせず”で、ちょこちょこ慌てて走り回るコンパクトカーを悠然と見送ってやれば、実に気持ちのいいものだ。

8速ATになったおかげで、加速も鋭く滑らか。しかも、パワーアップされたW12エンジンとの相性もバツグンで、シフトアップするたびに前のめりになり、力が増していくような感覚になる。そして、サウンド。明らかにベースより逞しい。

高速を降りても、走りを堪能できた。コンチネンタルGTでベストハンドリングなのはV8グレードだが、それに次ぐ。ハーダーサスのローダウンシャシーが利いている。アルプスの山を越えて、そのままイタリアに行きたくなった。

スパイラル加工を施した新意匠のエグゾーストパイプを装着。21インチアルミホイールも専用デザイン。W12のバッジも新しくなった

スパイラル加工を施した新意匠のエグゾーストパイプを装着。21インチアルミホイールも専用デザイン。W12のバッジも新しくなった

ウッドと金属を用いたラグジュアリーなインテリア。パネルのウッドやアルミ、カーボンなど、内外装共に多くの選択肢が用意される

ウッドと金属を用いたラグジュアリーなインテリア。パネルのウッドやアルミ、カーボンなど、内外装共に多くの選択肢が用意される

シートやトリムにはダイアモンドキルト仕上げのレザーを採用。ヘッドレストにはオプションでロゴの刺繍も入る

シートやトリムにはダイアモンドキルト仕上げのレザーを採用。ヘッドレストにはオプションでロゴの刺繍も入る

SPECIFICATIONS
グレードCONTINENTAL GT SPEED
駆動方式4WD
トランスミッション8AT
全長×全幅×全高(mm)4806×1944×1394
ホイールベース(mm)2746
車両重量(kg)2320
乗車定員(人)4
エンジン種類W12DOHCターボ
総排気量(cc)6000
最高出力[ps/rpm]625/6000
最大トルク[N・m/rpm]800/2000
Tester/西川 淳  Photo/ベントレー モーターズ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
【試乗】新型 BMW 1シリーズ|FR至上主義を卒業させてくれる、歓びが体現されたホットハッチ(2020/01/10)
【試乗】光岡自動車 ロックスター|ベースのロードスターと異なりゆったりとしたドライブが似合う(2020/01/07)
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
4
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
5
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
6
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
7
down
【試乗】新型 スバル インプレッサスポーツ|しなやかな乗り心地は評価できるが、あまり変化を感じないビッグマイナーチェンジだ(2020/01/02)
8
keep
トヨタ アルテッツァ AS200 【プレイバック試乗記】(2008/09/19)
9
keep
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
10
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027