新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マクラーレン MP4-12Cスパイダー (山崎元裕)【海外試乗】 / navi

クルマニュース

マクラーレン MP4-12Cスパイダー (山崎元裕)【海外試乗】 / navi

(2013/02/04)

マクラーレン MP4-12Cスパイダー|ニューモデル試乗

マクラーレンは、MP4-12Cのスパイダー比率を約80%と予測。日本ではジャスト3000万円だそうな。さらに、ここであえて「屋根の開かない」クーペをチョイスしたら、我儘度はMAX100%ということになるだろうね。真の男には、ぜひクーペを選んでほしい

本命誕生 オープン化のネガは皆無だ

クーぺと変わらないパフォーマンス

MP4-12Cのラインナップに追加設定されたスパイダーに試乗した。マクラーレンは、クーペモデルと一切変わることのないパフォーマンスを披露すると胸を張るが、その言葉に偽りはなかった。スパイダーは、オープンエア・ドライブが楽しめるMP4-12Cであることを除けば、クーペモデルからほかに何も変わることはない。結論はやはり、こう報告するほかはないようだ。

絶対的な安定感がプレッシャーを解消

正確には、MP4-12Cは2013年モデルで、ミッドのV8エンジンを625psに強化するなど、さらなる正常進化を果たしている。車速が30km/h以下なら、走行中でも17秒以下でオープン&クローズが可能なリトラクタブル・ハードトップの採用など、オープン化に伴う重量増も約40kgという数字であるし、エアロダイナミクスにも変化は表れているのは当然だ。しかしながら、その違いを一切感じさせないのはなぜか。

それは誰もが、このスーパースポーツの基本構造体たるCFRP製のモノコックタブ=モノセルの驚異的な剛性感と、スタビライザーの機能を油圧によるロール制御に委ねた、独自のシャシー・コントロール技術に、圧倒されることに理由がある。MP4-12Cスパイダーの走りには、スタビリティへの不安がまったく感じられない。ドライバーの操作に対するリアクションが、ここまで正確で、かつ自然に表れるスーパースポーツは、唯一無二の存在といえる。

オープンドライブ中の快適性は、200km/hという日本では常識外の速度域でも変わらない。V8エンジンからのサウンドは、それがはたして官能的な響きであるかどうかは別として、クーペよりダイレクトに伝わってくる。ここから先、328km/hの最高速への挑戦も、条件が許せばきわめて容易。その絶対的な安定感が、精神的なプレッシャーを簡単に解消してくれるのだから。

コーナリングの際などに起き上がってダウンフォースを増大させるエアブレーキ(アクティブリアウイング)も装備

コーナリングの際などに起き上がってダウンフォースを増大させるエアブレーキ(アクティブリアウイング)も装備

インテリアデザインもクーぺと共通。オーディオとエアコンはオープン時も考慮し最適化が図られた

インテリアデザインもクーぺと共通。オーディオとエアコンはオープン時も考慮し最適化が図られた

クーぺの13モデルと同様のパワートレインを採用。0→100㎞/h加速もクーぺと同じ3.1秒となる

クーぺの13モデルと同様のパワートレインを採用。0→100㎞/h加速もクーぺと同じ3.1秒となる

SPECIFICATIONS
グレードMP4-12C SPIDER
駆動方式MR
トランスミッション7DCT
全長×全幅×全高(mm)4509×2093×1203
ホイールベース(mm)2670
車両重量(kg)1376
乗車定員(人)2
エンジン種類V8DOHCターボ
総排気量(cc)3799
最高出力[ps/rpm]625/7500
最大トルク[N・m/rpm]600/7500
車両本体価格(万円)3000.0
Tester/山崎元裕  Photo/マクラーレン・オートモーティブ
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スカイライン 400R|国産らしさをしっかり残した、職人の仕事場のようなモデルだ(2020/02/25)
【試乗】新型 ボルボ S60 T6 ツインエンジン AWD インスクリプション|モーターとエンジンが違和感なく調和して乗りやすい(2020/02/25)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
up
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
3
up
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
4
down
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ CLA|二度見不可避! モデルチェンジでさらに洗練されたモダンクーペ(2020/02/21)
8
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
10
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027