新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧フォルクスワーゲン ゴルフ (島下泰久)【海外試乗】 / navi

クルマニュース

フォルクスワーゲン ゴルフ (島下泰久)【海外試乗】 / navi

(2013/02/05)

フォルクスワーゲン ゴルフ|ニューモデル試乗

まさかここまで…と圧倒された新型ゴルフの完成度。老若男女誰もがきっと満足できるに違いないが、まあ面白い買い物かと聞かれたら、答えに窮するところもある。クオリティ・オブ・ライフを底上げしてくれることは間違いない

ゴルフのライバルはもはやゴルフだけ

確実に上級になった印象

パッと見は、一体どこが変わったの? なんて思うけれど、よく見るとホイールベースが延ばされる一方でオーバーハングが削り取られて何となくロングノーズに見えるし、三角窓が付いたことも「ベントレーですか?」と言いたくなる。アイデンティティのCピラーはますます力強く、結果として実物は、確実に上級になった印象を漂わせている。新型の直後に現行ゴルフを見たら、一気に古くさく感じてしまったというのは本当の話だ。

走りもじわじわとクる。何と最大で100kgの軽量化を達成したという車体は、それなのに剛性感たっぷりで、ストローク感豊かなサスペンションと相まって、上質な乗り味を生み出している。騒音も振動もグンと抑えられて、誇張ではなく、まるでM・ベンツ Sクラスかというぐらいの快適さを味わえる。それでいてフットワークは軽快感たっぷり。ターンインは鋭く、リアが滑ってもコントロール性は抜群。山道が待ち遠しくなる仕上がりだ。

新設計の1.4L直噴ターボエンジンは、各部の高効率化に気筒休止機構の装備、さらにDSG仕様には減速時にクラッチを切って惰性走行させるコースティング機能まで備わって、欧州仕様の数値で21.3km/Lという低燃費を実現している。最高出力は変わらないが、軽量化されているだけに動力性能だってしっかり向上している。

自分自身が唯一のライバル

 現行モデルのあまりの完成度の高さに、実は試乗前には「まさか、そこまで大幅な進化は望めないだろう」とタカをくくっていた。しかし実際に新型は、すべてが現行を凌駕していたのである。

自分自身を唯一のライバルに、ここまで進化したという事実には、ただ敬服するのみ。率直にいって、このセグメントには敵はいない。ホメすぎだと思うだろうが、実際に触れたら、きっとこの気持ち、分かち合えるはずだ。

衝撃の新型ゴルフ、日本導入は2013年中頃の予定である。

高張力鋼板の使用を増やしホワイトボディ−23kg、足回り−26kgなど徹底的な軽量化を図っている

高張力鋼板の使用を増やしホワイトボディ−23kg、足回り−26kgなど徹底的な軽量化を図っている

新設計のTSIエンジンを搭載。アルミ製シリンダーブロックを用い16kgの軽量化を実現

新設計のTSIエンジンを搭載。アルミ製シリンダーブロックを用い16kgの軽量化を実現

ラゲージは旧型より30L拡大し380L。6:4分割可倒式リアシートを倒せば最大1270Lに

ラゲージは旧型より30L拡大し380L。6:4分割可倒式リアシートを倒せば最大1270Lに

SPECIFICATIONS
グレード1.4TSI
駆動方式FF
トランスミッション7DCT
全長×全幅×全高(mm)4255×1799×1452
ホイールベース(mm)2637
車両重量(kg)1290
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHCターボ
総排気量(cc)1395
最高出力[ps/rpm]140/4500-6000
最大トルク[N・m/rpm]250/1500-3500
Tester/島下泰久 Photo/フォルクスワーゲン グループ ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【Car as Art !】BMW M550i xDrive Ultimate Edition(2020/09/25)
【試乗】新型 日産 キックス|e-POWERの制御は素晴らしいが、インテリアの質感には課題が残る(2020/09/10)
【試乗】新型 ダイハツ タフト|ギア感あふれる見た目にふさわしい力強い走りの軽(2020/09/02)
【試乗】新型 トヨタ ハリアー|価格と高級感がバランスし、デザインと走りがともに成熟(2020/08/30)
【Car as Art !】メルセデス・ベンツ GLE 450 4MATIC Sports(2020/08/26)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027