新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧マツダ アテンザ (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

マツダ アテンザ (松本英雄)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/02/08)

マツダ アテンザ|ニューモデル試乗

うねりや突発的な突き上げも寛容に受け止める、正確さと“いなし”が両立するハンドリングを持つマツダのフラッグシップ“NEWアテンザ“。コストと闘いながらも手を抜かなかったからこそ実現しうる乗り心地だ

マツダ最高峰、アテンザの味付けは?

正確さと“いなし”が両立したハンドリング

2012年11月に登場したマツダのフラッグシップ“NEWアテンザ”。CX-5以降、マツダはデザインもクオリティもメキメキと上がっているだけに、最高峰のアテンザにどのような味付けをするのか楽しみであった。

エンジンは2Lと2.5Lのガソリンと、最も注目されている2.2Lディーゼルの3種類。シャーシ性能を知るべく最初に2Lガソリン仕様のワゴンに乗る。エンジンのトルクは2Lにしてはマイルドで軽やか。通常はこれで十分である。それにしてもワゴンでありながらボディ剛性はすこぶる良い。セダンと比べても遜色ない仕上がりだ。

ハンドリングは、欧州で習った正確さに日本流の“いなし”が加わった独特な味付け。高速道路の大きなうねりや突発的な突き上げも寛容に受け止めて、ボデイに直接バイブレーションを与えずサスペンションで抑える意図がうかがえる。コストと闘いながらもシャーシで手を抜かなかったからこそ実現しうる乗り心地だ。

ラグジュアリーに乗るならディーゼルのAT仕様

続いてディーゼルに乗ってみる。まずは6速AT。ディーゼルエンジンとATのマッチングが良い。最近の燃費規制によって欧州あたりはコースティング制御(走行中、アクセルオフ時にエンジンブレーキがかからずアイドリング状態で走行させる制御)を行うが、アテンザはエンジンブレーキを程よく利かせ気持ち良く加減速を行える。

トルクはガソリンの4Lエンジン級だし、レスポンスも抜群。しかもエンジン音が素晴らしい。ガソリン車と同等の静かさに加え、加速時にはBOSE社のプレミアムオーディオ装着車に採用されるアクティブエンジンサウンドでイイ音が車内に聞こえてくる。ただしディーゼルのMTにはこの仕様がないのが残念だ。

MTはトルクの出方がダイレクトに路面に伝わるため、ラグジュアリーに乗るならば断然ディーゼルのAT仕様がオススメだ。

ルーフレールとリアルーフスポイラーはワゴン全グレードに標準装備

ルーフレールとリアルーフスポイラーはワゴン全グレードに標準装備

上級装備のL package(25S、XD)は本革シートを装備。色は白と黒の2種類。他グレードはファブリック(黒)となる

上級装備のL package(25S、XD)は本革シートを装備。色は白と黒の2種類。他グレードはファブリック(黒)となる

ワゴンの荷室は5人乗車時で506L(VDA方式)の広さを確保

ワゴンの荷室は5人乗車時で506L(VDA方式)の広さを確保

ホイールは20SとXDが17インチ、XDのMT仕様が19インチ、L packageは19インチの高輝度タイプ(写真)を標準装備

ホイールは20SとXDが17インチ、XDのMT仕様が19インチ、L packageは19インチの高輝度タイプ(写真)を標準装備

SPECIFICATIONS
グレード20S(セダン)XD(セダン)25S Lパッケージ(ワゴン)XD Lパッケージ(ワゴン)
駆動方式FF
トランスミッション6AT6MT6AT
全長×全幅×全高(mm)4860×1840×14504800×1840×1480
ホイールベース(mm)28302750
車両重量(kg)1430149014701530
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHC直4DOHC+ターボ直4DOHC直4DOHC+ターボ
総排気量(cc)1997218824882188
最高出力[kW(ps)rpm]114(155)/6000129(175)/4500138(188)/5700129(175)/4500
最大トルク[N・m(kg-m)/rpm]196(20.0)/4000420(42.8)/2000250(25.5)/3250420(42.8)/2000
JC08モード燃費(km/L)17.422.415.620.0
ガソリン種類/容量(L)レギュラー/62軽油/62レギュラー/62軽油/62
車両本体価格(万円)250.0302.6300.0340.0
Tester/松本英雄 Photo/篠原晃一
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 スズキ ハスラー|新開発エンジン&CVTで他の追随を許さないほどに完成されたクロスオーバーSUV軽(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.4 】1989年 日産 スカイラインGT-R|280ps、36.0kg-mの圧倒的なパワー!!180km/hにわずか15秒台で突入する(2020/02/17)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.3 】1990年 三菱 GTO|280馬力を生かす4WDの走りが魅力!(2020/02/16)
【発掘! あの頃の試乗レポート Vol.2 】1990年 日産 パルサーGTI-R|超パワフルなのに安定した走り やはり230馬力はハンパじゃない(2020/02/16)
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
up
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
4
down
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
5
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
6
up
【試乗】ボルボ V40クロスカントリー|惜しまれつつも生産終了となったが、コンパクトモデルの中で最もプレミアムなモデルだと再認識した(2019/12/08)
7
down
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
8
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
10
up
【試乗】新型 マツダ MAZDA3ファストバック スカイアクティブX|ATは「上品さ」、MTは「楽しさ」。それぞれ異なる性格をもつモデルだ(2020/01/06)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027