新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧ランドローバー レンジローバー (島下泰久)【海外試乗】 / navi

クルマニュース

ランドローバー レンジローバー (島下泰久)【海外試乗】 / navi

(2013/02/12)

ランドローバー レンジローバー|ニューモデル試乗

快適で、速くて、道を選ばず、世間の扱いも丁寧で…と、まさにすべての望みがかなう車。それだけに乗り手には“品格”のようなものが求められるけれども、この車は乗っていると自然に振る舞いが変わってくる。誰でも“そういう人”になれるのがスゴい

キング・オブ・SUVがさらにその一歩先へ

SUV世界初、オールアルミボディを採用

SUV世界初のオールアルミボディの採用をはじめ、徹底的な軽量化を断行した新型レンジローバーは、優に300kg以上にも及ぶ大幅な減量を実現している。実際、乗ると身のこなしは明らかに軽く、フットワークの面ではロール感がグンと抑えられているし、加速感だって従来と同じV型8気筒5Lエンジンでも、8速ATの採用もあり、従来とはまったく異なる軽やかな印象をもたらしている。スーパーチャージドになると、冗談抜きにフル加速では身体がのけ反るほどだ。

さらなる進化でさらなる高みへ

一方でレンジローバーのウリである快適性はといえば、こちらもしっかり進化しているのだから嬉しくなる。まず驚かされるのが静粛性の高さ。風切り音もロードノイズも大幅に低減されて、最初エッと思うぐらい静かなのだ。そして乗り心地も極上。軽くはなっても特有の重厚感、しっとり感は失われていない。

アイデンティティであるオフロード性能も、現状維持ではなく一層進化している。テレインレスポンスにはオートモードが備わり、路面状況などを読み取って最適設定してくれる。ホイールトラベルもより長くなり、どんな道、いや道のないところでも余裕で突き進むことができる。

そんな具合で、とにかくすべてが進化しているのが新型レンジローバー。インテリアの質も高まったし、一見代わり映えのしないデザインも、実物を見るとちょっと軽やかな印象で悪くない。

SUVの王様は、さらなる高みへと達した。

減衰力を最適化する連続可変ダンパーを採用。渡河水深限界は旧型より200mm高い900mmに

減衰力を最適化する連続可変ダンパーを採用。渡河水深限界は旧型より200mm高い900mmに

スイッチ類を従来の半分に減らし配置がシンプルに。パークアシストなど支援装備も充実する

スイッチ類を従来の半分に減らし配置がシンプルに。パークアシストなど支援装備も充実する

ガソリンエンジンは375psの5Lと510psの5L SC、ディーゼルは258psの3Lと339psの4Lを用意

ガソリンエンジンは375psの5Lと510psの5L SC、ディーゼルは258psの3Lと339psの4Lを用意

SPECIFICATIONS
グレードRANGE ROVER(5L SC)
駆動方式4WD
トランスミッション8AT
全長×全幅×全高(mm)4999×1983×1835
ホイールベース(mm)2922
車両重量(kg)2330
乗車定員(人)5
エンジン種類V8DOHCスーパーチャージド
総排気量(cc)4999
最高出力[ps/rpm]510/6000-6500
最大トルク[N・m/rpm]625/2500-5500
Tester/島下泰久 Photo/ジャガー・ランドローバー・ジャパン
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 メルセデスAMG GT 4ドアクーペ│スポーツカーのパフォーマンスと快適な移動空間を共存させた走り(2019/10/15)
【試乗】新型 アウディ RS4アバント│単なる移動時間を、最高のひとときへと変えてくれるモデルだ(2019/10/14)
【試乗】新型 日産 GT-R(2020年モデル)│「さすがにもう進化は難しいのでは……?」そんな不安は乗ってすぐに払拭された(2019/10/09)
【試乗】新型 シトロエン C3エアクロスSUV/C5エアクロスSUV│守り抜く哲学を体現する車(2019/10/06)
【新型】BMW Z4|BMWのオープンスポーツが約2年ぶりに復活(2019/09/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027