新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧BMW 3シリーズ (大谷達也)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

BMW 3シリーズ (大谷達也)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/02/14)

BMW 3シリーズ|ニューモデル試乗

ガマン要らずのエコカーが続々と登場している昨今ではあるけれど、320dの力強いトルク感はガソリン仕様の320iを凌ぐほど。しかもスポーツ性が高いのにCO2排出量は極少。航続距離の長さを含め、アクティブな行動力を持つ知的な人にこそお勧めの1台です

ハートをとらえたのはダークホース“ディーゼル”

速度が高まるほどにさらに安定していくかのよう

そもそも“ディーゼル好き”の私ではあるけれど、箱根を舞台にアクティブハイブリッド3と2Lディーゼル搭載の320dを乗り比べたら、そりゃ340psを絞り出すハイブリッドが勝っちゃうでしょうとハナから思い込んでいました。しかも、私の試乗日は運悪くドシャ降りの大雨。だから「滑りやすいタイトコーナーが続く長尾峠では4輪駆動の320i xDriveが圧勝かも」なんて予想も捨てきれませんでした。

でも、この日、私のハートをとらえて離さなかったのは、ダークホースであるはずの320dの、しかもワゴンボディのツーリングでした。なぜでしょうか?

まず、ディーゼル臭が薄い。いやいや、本物の匂いの話じゃありませんよ。アイドリング時のノッキング音、それにバイブレーションはガソリン仕様の3シリーズよりわずかに大きめだけれど、問題なく許容の範囲内。走り始めれば、エンジンノイズと振動は相対的にぐっと抑えられ、ガソリンとの差はさらに縮まります。

さらにさらに、エンジン回転の上がり方が極めてスムーズでストレスフリー。おまけに低中回転域ではディーゼルらしくパンチの利いたトルクを生み出してくれて、どんなコーナーからも力強く立ち上がっていきます。

圧巻のブーストモード、BMWらしいハンドリング

一方、アクティブハイブリッド3はBMW伝統のストレート6らしいスムーズさと伸びやかなパワー感が印象的。フルスロットル時に電気モーターがアシストするブーストモードの迫力も圧巻だったけれど、私には320dの速さですでに十分以上。効率よく、みっしりと中身の詰まったパワーを生み出してくれる様子も、なんだか知的かつ未来的です。

ワゴンでありながらまるで車を手のひらに乗せてしまったかのような一体感を味わえるツーリングのハンドリングもBMWらしくて魅力的。しかも価格は491万円から! あー、真剣に買いたい。

2Lツインターボディーゼルエンジンを搭載する320d。184ps/380Nmを発生、燃費は19.4km/Lとなる

2Lツインターボディーゼルエンジンを搭載する320d。184ps/380Nmを発生、燃費は19.4km/Lとなる

トップモデルとなるアクティブハイブリッド3。0→100km/h加速は5.3秒、JC08モード燃費は16.5km/L

トップモデルのアクティブハイブリッド3。0→100km/h加速は5.3秒、JC08モード燃費は16.5km/L

アクティブハイブリッド3は最長3~4kmをモーターのみで走行可能。ECO PROモードではコースティングも行う

アクティブハイブリッド3は最長3~4kmをモーターのみで走行可能。ECO PROモードではコースティングも行う

SPECIFICATIONS
グレードActiveHybrid 3
駆動方式FR
トランスミッション8AT
全長×全幅×全高(mm)4625×1800×1440
ホイールベース(mm)2810
車両重量(kg)1740
乗車定員(人)5
エンジン種類直4DOHCターボ+モーター
総排気量(cc)2979
最高出力[ps/rpm]306/5800+54
最大トルク[N・m/rpm]400/1200-5000+210
車両本体価格(万円)699
Tester/大谷達也  Photo/向後一宏
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型 BMW X1|外見は迫力が増し、走りは繊細さが増したシティ派SUV(2020/02/15)
【試乗】新型 ミニ クラブマン ジョンクーパーワークス|初期のミニを思わせるエッセンスが取り入れられた最上位グレード(2020/02/13)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Eクラス de|世界初の「ディーゼル+プラグインハイブリッド」の乗り味はスポーツセダンそのもの!(2020/02/07)
【試乗】アウディ TTロードスター|成熟した大人のオープンカー。サスペンションの動きに進化を感じる(2020/02/07)

アクセスランキング

1
keep
【試乗】新型 ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ|狭い道や駐車がラクラクのコンパクトSUV(2019/12/17)
2
keep
【試乗】新型 トヨタ カローラツーリング|バンのイメージを払しょくするスポーツワゴン(2019/11/17)
3
keep
【試乗】新型 マツダ CX-30|デザインの考え方には疑問が残るが、スポーティながらも奥ゆかしさを感じるモデルだ(2019/12/06)
4
keep
【試乗】新型 ホンダ ヴェゼル モデューロX|カスタマイズパーツによるさらなる進化を感じるヴェゼル(2020/01/19)
5
keep
【試乗】新型トヨタ ヤリス(プロトタイプ)|TNGAプラットフォームの中で最も優秀! トヨタらしい自動車づくりを感じた一台(2019/12/16)
6
keep
【試乗】新型 フォルクスワーゲン T-Cross|末っ子モデルながら国産モデルでは到達できないクオリティが自慢の1台(2020/01/18)
7
up
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ GLE|走り、積載性、高級感を高次元でかなえるハイパフォーマンスSUV(2020/02/09)
8
up
【試乗】新型 スバル XV|成熟が期待できるプラットフォームだけに、さらに先のマイナーチェンジも楽しみなモデル(2020/01/03)
9
down
【試乗】新型 メルセデス・ベンツ Aクラスセダン|ハッチバックを凌駕する!? 小さなセダンがもつ大いなるゆとり(2020/01/28)
10
up
【試乗】新型 ダイハツ タント|凄いぞ、DNGA! 恐らく売れるのはカスタム。だが移動手段として優秀なのはNAだ(2019/08/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027