新車のことならカーセンサーラボnavi最新クルマニュースニュース一覧メルセデス・ベンツ G63AMG (古賀貴司)【ニューモデル試乗】 / navi

クルマニュース

メルセデス・ベンツ G63AMG (古賀貴司)【ニューモデル試乗】 / navi

(2013/02/15)

メルセデス・ベンツ G63AMG|ニューモデル試乗

もはやコストパフォーマンス、リセールバリュー、性能うんぬんではなく、ただGクラスのAMGが欲しい、という人が買う男気や粋の世界ですね(笑)。そういう意味で“こだわり”を演出しやすい車ですし、何かとこだわりのある人に乗ってほしい車でもあります

懐古的情緒溢れるスーパーワイルドマシン

車選びに絶対性能は関係ない

Gクラスの登場は1979年でこれまで幾度、生産中止がささやかれたかわかりません。それでも市場からの根強いニーズに応えるカタチで、なんだかんだ進化しています。と同時に、車選びに必ずしも絶対性能は関係ないことを思い知らされる1台で、ライター泣かせな車でもあります。

新車で乗れるネオクラシック

乗ったのはG63(5.5L V8直噴ツインターボ)ならびにG65AMG(6L V12)です。いずれもグゥの音も出ないほどオーバーパワーで、とにかく強烈。2500kg強の車重を微塵も感じさせない加速は、あまりに豪快でワケもわからず笑いがこみ上げてくるほどです。メルセデス・ベンツといえば「シャシーはエンジンよりも速く」で有名ですが、G63/65にはもはや当てはまらないかもしれません。

かつてオフロード性能を重視したSUVで感じられた、4輪がバラバラに路面の凹凸に反応する様は良くも悪くも健在。これでオフロード走行する人も滅多にいないでしょうが、悪路走破性を考慮したセッティングなのでしょう。

でも…、基本設計が古いことが最大の理由になりますが、直線以外でアクセルを踏み込むなんて、恐ろしくて無理です。物理の法則に打ち勝つ車両制御をもつ現代のSUVと比べると、どこまでも古典的です。新車で乗れるネオクラシック、と呼べるほどです。

G65はエグゾースト音、乗り味ともにG63に比べるといささか洗練された雰囲気ですが、1470万円の価格差は説明できません。メルセデス・ベンツ車最高額である、ということが重要なんでしょう。もはや“粋”か否かの世界で浮世離れしています。

LEDドライビングライトや新設計ドアミラーを採用。AMGモデルには専用グリルやエアロパーツが備わる

LEDドライビングライトや新設計ドアミラーを採用。AMGモデルには専用グリルやエアロパーツが備わる

インパネ回りのデザインを一新。G63はシートにナッパレザー、ルーフにアルカンターラが用いられた

インパネ回りのデザインを一新。G63はシートにナッパレザー、ルーフにアルカンターラが用いられた

G63にはアイドリングストップ機構も備わる。G65は612ps/1000Nmの6L V12ツインターボを搭載

G63にはアイドリングストップ機構も備わる。G65は612ps/1000Nmの6L V12ツインターボを搭載

SPECIFICATIONS
グレードG63AMG
駆動方式4WD
トランスミッション7AT
全長×全幅×全高(mm)4763×1855×1938
ホイールベース(mm)2850
車両重量(kg)2550
乗車定員(人)5
エンジン種類V8DOHCターボ
総排気量(cc)5461
最高出力[ps/rpm]544/5500
最大トルク[N・m/rpm]760/2000-5000
車両本体価格(万円)1780
Tester/古賀貴司  Photo/大子香山
クリックでタグの選択
最新ニュース
【試乗】新型ボルボ V60 PHEV|ガソリンモデルより乗り心地が向上!さらに大人なワゴンに(2019/07/18)
【試乗】新型 アルファロメオ ジュリア/ステルヴィオ|アルファロメオらしい走りを実現させたスポーツディーゼル(2019/07/04)
【試乗】新型 トヨタ スープラ|3グレード一気乗りで分かったオススメは「SZ-R」(2019/07/04)
【試乗】新型アウディ A6 アバント/セダン|優雅なキャビンと乗り心地はアウディ流のおもてなし(2019/07/01)
【試乗】新型 レクサス RC F│“F”の象徴!限界走行性能の最大限に高めたレクサスのハイパフォーマンス・スポーツカーRC F(2019/06/27)
ページトップへ戻る

お問合せプライバシーポリシー利用規約サイトマップ

CSLNV027